ここから本文です

【日本代表】デュエルを制した吉田、豪州と悔しいドローに「代表は今苦しい時期に差し掛かっている」

SOCCER DIGEST Web 10/11(火) 21:01配信

失点はPKの1点のみ。守備の出来には満足感を示す。

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本1-1オーストラリア/10月11日/メルボルン
 
 開始5分に本田との連係から原口が先制した日本は、その原口が52分にPKを献上。ジェディナクに難なく沈められ、試合は1-1で終了した。
 
 グループ最大のライバルとのアウェーゲームで、日本はPKによる失点以外は許さなかった。その守備の主軸を務める吉田麻也は、試合後のインタビューで「守備に関しては上手くできていた」と振り返った。
 
 ただ、同時に吉田は「オーストラリアも簡単には勝たせてくれない。ホームでは必ず倒したいです」と強敵相手にする難しさを口にした。
 
 また、岡崎や長友など故障者を多く抱えたなかでの一戦となったことについては「代表は今苦しい時期に差し掛かっている」と苦しい台所事情を吐露。しかし、「けど、この苦しい時期を乗り越えて、ワールドカップへの切符を掴みたい」と気丈に前を向いた。
 
 1か月後の代表戦に向けては、「自分たちのチームで、各々がしっかりとコンディションを整えて、万全の状態で合流できるようにしたい。ホームで勝って年内の代表戦を終えたい」と意気込んだ。
 
 なお、日本は11月11日に親善試合・オマーン戦を戦い、同15日に埼玉スタジアムで行なわれるサウジアラビアとの試合で、年内の代表戦を締めくくる。

【オーストラリア 1-1 日本|PHOTOギャラリー】原口の3戦連発弾で先制するもPKで悔しい引き分け…

最終更新:10/11(火) 22:48

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。