ここから本文です

【日本代表】それでも殊勲者は原口。90分間戦い抜いたあの闘志と力強さこそ現代表に必要

SOCCER DIGEST Web 10/11(火) 21:34配信

原口は“戦う”というオーラを全身から放っている。

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]オーストラリア 1–1 日本/10月11日/ドッグランズスタジアム
 
 後半にPKを与えたとはいえ、原口を責めるべきではないだろう。むしろ左ウイングの原口がよくぞあそこまで戻って守備をしたと褒めるべきではないのか。問題があるとしたら、あそこまで原口が戻らなければいけない日本の守備組織で、原口個人のパフォーマンスは及第点以上だった。
 
 この前のイラク戦もそうだが、このところの原口は“戦う”というオーラを全身から放っている。攻守両面でタスクを担い、ボールを持てば縦へと果敢に仕掛ける。まさに勝利に向かって「がむしゃらに戦っていた」という表現がピッタリだったのが、イラク戦、そしてオーストラリア戦の原口だ。
 
 本人は「チームとして非常に良い試合をしていたので、責任を感じます」と言うが、そのオーストラリア戦で原口のアグレッシブなプレーに他の選手たちが勇気づけられた場面は多々ある。
 
 それに、原口はワールドカップ最終予選で3試合続けてゴール。勝点3を奪えなかっただけに持ち上げ過ぎは良くないが、この日の殊勲者はPKを取られたとしても原口で間違いない。文字通り90分間戦い抜いた彼の力強さと闘志こそ、今のハリルジャパンに不可欠な要素だ。

【オーストラリア 1-1 日本|PHOTOギャラリー】原口の3戦連発弾で先制するもPKで悔しい引き分け…

最終更新:10/11(火) 22:46

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。