ここから本文です

A110の生まれ変わり! アルピーヌ ビジョンを日本で2018年に発売決定

clicccar 10/11(火) 23:33配信

ルノーの、そしてフランスのモータースポーツをリードしてきた「アルピーヌ」のブランドが復活し、日本でも発売されることが発表されました。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



2016年2月に発表されたアルピーヌ・ビジョン(ALPINE VISIO)は2017年に欧州で発売と公表されていましたが、日本でも2018年に発売すると正式にアナウンスされました。



詳細などはまだ発表時からの追加情報はありませんが、欧州に次ぐ初の海外輸出となるそうです。

公表されているアルピーヌ・ビジョンのスペックは、新開発の4気筒ターボをミッドに搭載する2シーターで、0-100km/h加速は4.5秒以下といいます。

デザインはもちろん、1970年代にモンテカルロをはじめとした各種ラリーなどでも活躍したアルピーヌA110がモチーフとなっており、丸型4灯ライトの内側はかつての追加ライトをイメージしています。



今回確認した限りでは、2ペダルでパドルシフトが装備されていました。ミッドに搭載されるという新開発エンジンは見せてくれませんでしたので、まだ開発中ということでしょう。ちなみにこのユニットは現在のところ流の、日産グループのどの車種にも搭載されていない、ただし今後は他車種への展開の可能性はある、とのこと。



コンセプト段階の現在はホワイトの ボディーカラーですが、もちろんアルピーヌのイメージカラーであるブルーも発売時は用意されるそうです。

価格はまったく未定ですが、巷では700~800万円程度と見られているのが有力のようです。

日本発売時には専門ディーラーも開設するということですが、販売台数はそれほど多くないことが予想されます。

個性的な車両が増えて行くことはとても嬉しいことです。さらにスポーツカーが販売されて続けることは、自動車が文化として認められる証と言えるでしょう。市販バージョンが楽しみですね。





(clicccar編集長 小林 和久)

最終更新:10/11(火) 23:33

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。