ここから本文です

ブレットがWWE世界王座奪回@“サバイバー・シリーズ”――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第198回(1995年編)

週刊SPA! 10/11(火) 9:10配信

 アメリカじゅうがターキー(七面鳥)のディナーを食べるサンクスギビング=感謝祭の夜のスーパーショー“サバイバー・シリーズ”(1995年11月19日)は、メアリーランド州ランドーバーのUSエアー・アリーナで開催され、観衆1万4500人を動員した。

 “サバイバー・シリーズ”というイベント名のそもそもの由来である4対4イリミネーション・マッチは全6試合中、4試合ラインナップにされた。第1試合では123キッド(ショーン・ウォルトマン)&トム・プリチャード&スキップ(クリス・キャンディード)&ラッド・ラドフォード(ルイ・スピコリ)がマーティ・ジャネッティ&ボブ・ホーリー&バリー・ホロウィッツ&白使(新崎人生)を下した。

 第2試合では全日本女子プロレスから6選手がゲスト出場。バーサ・フェイ(モンスター・リッパー)&ライオネス飛鳥&アジャ・コング&渡辺智子がアランドラ・ブライズ(メドゥーサ)&井上京子&長谷川咲恵&チャパリータASARIと対戦した。

 試合はアジャが裏拳でブレイズをフォールしたが、8人の選手が入り乱れての10分弱のファイトタイムはアメリカの観客が全女スタイルのなんたるかを理解するのに十分な時間とはいえなかった。

 第3試合にレイアウトされたゴールダスト対バンバン・ビガロのシングルマッチは、新顔のゴールダストがブルドッギング・ヘッドロック一発でビガロをフォール。ビガロはこの試合を最後にWWE退団が決定していたが、実況&解説チームのビンス・マクマホン、ジム・ロス、“ミスター・パーフェクト”カート・ヘニングの3人はなぜかビガロの去就についてコメントしなかった。

 第4試合、アンダーテイカー&ファトゥー&ヘンリー・ガドウィン&サヴィオ・ヴェガ対ジェリー“ザ・キング”ローラー&ハンター・ハースト・ヘルムスリー&キング・メイベル&アイザック・ヤンカム(のちのケイン)のイリミネーション・マッチは、チーム・アンダーテイカーがチーム・ローラーを一蹴。この時点ではまだ若手ヒールのひとりだったトリプルHは、キングの子分というポジションに甘んじた。

 第5試合のショーン・マイケルズ&アーメッド・ジョンソン&デイビーボーイ・スミス&サイコ・セッド対レーザー・ラモン(スコット・ホール)&ヨコヅナ&オーエン・ハート&ディーン・ダグラス(シェーン・ダグラス)は、ショーンがひとりだけ“生き残り”に成功。試合の途中でデイビーボーイの裏切り行為=ヒール転向という新しいドラマのヒントがディスプレイされていた。

 メインイベントにラインナップされたWWE世界ヘビー級王者ディーゼル(ケビン・ナッシュ)対挑戦者“ヒットマン”ブレット・ハートの同タイトルマッチは、24分54秒、ブレットが速攻のスモール・パッケージ・ホールドでディーゼルからカウント3を奪った。ブレットにとっては前年11月、ボブ・バックランドに敗れて以来1年ぶり、通算3度めのWWE世界王座獲得となった。

 ディーゼル対ブレットのタイトルマッチにはこれからの長編ドラマの“予告編”と思われるいくつかのシーンが散りばめられていた。ベビーフェース対ベビーフェースというシチュエーションでスタートした試合は、中盤戦から終盤戦にかけてのラスト10分がディーゼルのヒール的カラーの模索という新展開を示唆するものだった。

 いっぽう、ブレットもそれまでの典型的な正統派スタイルから“ズル賢いベビーフェース”という新しいテイストを導入。フィニッシュ・シーンでは、ヒザの負傷という場面を“演出”し、ディーゼルがブレットのケガのぐあいを気づかい、ほんの一瞬、攻撃の手をゆるめたスキにスモール・パッケージ・ホールドでまるめ込んでフォールを奪うというトリックプレーを使った。

 ディーゼルのちょいワル系ヒール路線、ブレットの“心変わり”は、いずれもライバル団体WCWの新番組“マンデー・ナイトロ”の存在を強く意識したものだった。

 ハルク・ホーガンを主役とする“ナイトロ”はカジュアル層、低年齢層をターゲットとしたTVショーだったが、WWEの“マンデーナイト・ロウ”は新しい路線として17歳から35歳までの男性ファン――R指定――をターゲットに絞り込んだ。そして、“サバイバー・シリーズ”の翌日、11.20“ロウ”バージニア州リッチモンド大会で“事件”が起きた。(つづく)

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

日刊SPA!

最終更新:10/11(火) 9:10

週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2016年12月13日号
12月06日発売

¥390

・[転売で儲ける](秘)メソッド
・[ゲス不倫ブーム]知られざる波紋
・[痛すぎる発言]ランキング
・冬のボーナス[有名企業50社]対決

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。