ここから本文です

ダブリンのカルチャー発信地の誕生は バスターミナル移転計画頓挫の副産物

CREA WEB 10/11(火) 12:01配信

Magnificent View #1106テンプルバー(アイルランド)

 ダブリンの中心部、リフィ川沿いに路地が入り組むテンプルバーエリアは、この国を代表するカルチャーの発信地。

 今でこそ、パブやミニシアター、アート系ミュージアムがひしめくここは、かつて修道院が立ち並ぶエリアだった。16世紀、ヘンリー8世による宗教改革でそれらがすべて閉鎖された後、土地を引き継いだのがテンプル卿で、エリアは彼の名に由来している。

 時を経て、18世紀末頃からしだいにスラム化してしまうが、1960年代に入り、バスターミナルをこのエリアに移転する再開発計画が持ち上がり、市は土地の買収を開始。一時的に建物を安く貸し出すと、芸術家たちが次々と集まり、一帯は自然と、文化の薫りが漂うエリアとなっていった。

 結局、バスターミナル移転は住民の反対にあい頓挫、この地区は文化の中心地と位置づけられるように。

 ご覧の建物は、エリアの中央にあるその名も「テンプルバー」という1840年創業の老舗パブ。店の前は、記念撮影をする人でいつも賑わっている。

芹澤和美

最終更新:10/11(火) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。