ここから本文です

JAL「ドラえもんジェット」の狙いは“中国”だった

日経トレンディネット 10/11(火) 12:32配信

 2016年9月22日、日本航空(JAL)の成田-上海(浦東)線に、人気キャラクター「ドラえもん」を描いたB767-300型(JA610J)の特別塗装機「JAL ドラえもんJET」(以下、ドラえもんジェット)が就航した。

【関連画像】ドラえもんは縦4.6m×横5.9mのデカールを貼り付けたもの。左右どちらの側面も同じ塗装になっている

 JALの国際線で特別塗装機が就航するのは珍しい。2017年3月末まで運航予定で、この特別塗装機1機を含め、すべての中国線(香港線を除く)の機内でドラえもん仕様の紙コップによるドリンクサービスと、オリジナルポストカードを提供する。12月からは中国語版のドラえもん映画の機内放映も行う。

 就航に先立つ8月には、キャンペーンの中国語版ウェブサイトを開設した。中国在住者(香港を除く)を対象にしたプレゼントキャンペーンや、上海市内でJALの座席の体験イベントを行うなど、中国でのプロモーションを強化して日本‐中国路線の活性化につなげたい意向だ。JALがここまで中国路線に力を入れるのには理由がある。

なぜ中国線に「ドラえもん」?

 ドラえもんは日本だけでなく世界で人気があり、特に中国では年齢層を問わず絶大な人気があるという。9月21日に行われたお披露目会見は、集まった報道関係者の約半数が中国の報道陣で、その人気ぶりがうかがえた。

 現在、訪日外国人で一番多いのは中国人だ。2015年の訪日中国人は約499万人で前年比207%と大幅に増加。訪中日本人は約250万人で前年比92%と減少している。訪日中国人が訪中日本人を大きく上回る状況だ。

 訪日客による爆買い需要は収まったと見られるが、訪日需要は今後も増加が見込まれる。日本と中国を結ぶ航空路線は年間約10万便で前年比約140%と増加している。羽田と中国3大都市(上海・北京・広州)間の路線だけでなく、地方路線も大幅に増加している。

 JALの中国路線の搭乗者数も伸びている。ただ搭乗率を見ると2015年は76%で前年比105%の伸びにとどまり、訪日需要全体の伸びに比べると物足りない数字だ。

 JALではこの理由を、JALの良さ、例えば「おもてなしの心」や「安心感」といった部分が十分に理解されていないからではないかと分析している。そこでまずは搭乗してもらえるようにと、中国でも大人気のドラえもんを起用したキャンペーンを展開することにしたわけだ。

 お披露目会見で登壇したJALの植木義晴社長は「中国の方にもっと日本航空を認知していただきたい。ドラえもんと一緒にそのきっかけをつくりたい。最高の商品、最高のサービスという日本のおもてなしの心を味わってほしい」と狙いを述べた。

1/2ページ

最終更新:10/11(火) 12:32

日経トレンディネット

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。