ここから本文です

だらだらスマホがやめられる あの100均アイテム

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン) 10/12(水) 5:00配信

前回の記事「だらだら見てしまうスマホをやめる たった1分驚きのワザ」で紹介したオススメアクション、実践していただけましたか? いずれも1分あればできるので、ぜひ試してみてくださいね。そして、それでも「だらだらスマホ」をやめられなかったとしたら……。

●実は、無理にやめなくてもいい人もいる

 「だらだら見てしまうスマホをやめたいのに、つい見続けてしまう」「やめるきっかけが見つからなくて、結局今日も寝不足」。そんな経験ありませんか? 実は、私もだらだらスマホをやめられなくて悩んでいた時期がありました。もしかしたら、だらだらスマホをやめられないのには、理由があるのかもしれません。その点について今回、お話ししていきましょう。

 「今度こそ絶対、だらだらスマホをやめる!」と決めて、気合いでやめたDさん。数日は頑張れたものの、気づいたらお酒の量が増えて、二日酔いに悩まされるようになりました。

 また、Eさんは、毎日のだらだらスマホはやめられたものの、月に数回どうしても明け方近くまで見続けてしまうことが。結局「やめたくても、スパっとやめられない」と悩んでいました。こんなときは、どうしたらいいのでしょうか?

 DさんにもEさんにも、「そんなときは、無理にやめなくてもいいですよ」と、私は伝えました。「だらだらスマホ」をやめようとすればするほど、ついやってしまうのには二つ理由があります。

 一つは、「脳は否定形を理解できない」から。

 では、一つ試してみましょう。突然ですが、次の文章を読んでみてください。

「ピンクのスマホを、想像しないでください。」

 あなたは今、何を思い浮かべましたか?

やめられないという罪悪感は手放そう

 「ピンクのスマホを、想像しないでください」

 この文章を読んだ瞬間に、「ピンクのスマホ」が勝手に頭の中に浮かんできたのではないでしょうか。

 つまり、あなたが「今日こそ、だらだらスマホをやめよう」「いいかげん、スマホを手放さなきゃ」と思うたびに、脳は「だらだらスマホ」をしているあなたをイメージしてしまうのです。すると、脳は自動的に「だらだらスマホ」を実現する方向で動いてしまいます。どうしてもだらだらスマホをやめられないときは、無理矢理やめることをやめてみましょう。

 やめられない理由の二つ目は、「人には気晴らし、ストレス解消、気分転換が必要」だから。

 人間には、「ぼーっと」した時間が必要という場合があるのです。特に、ものすごく忙しかったり、締め切りやノルマなどでプレッシャーのかかった日は、バランスを取るために、一定の息抜きをする時間、ぼーっとする時間が必要になります。一見、無意味、無駄なことをする行為がバランスを取っているのです。

 もちろん、散歩、早寝、趣味、マッサージ、家族や友人との会話などで気分転換できれば、健康にもいいですし、理想的。でも、心身ともに疲れきってしまったときなどは、理想的な気分転換やリフレッシュをする余裕すらないということもあるでしょう。そんなときに、「だらだらスマホ」を無理矢理やめても、結局別の方法でストレス解消することになってしまいます。

 そういうときは、どうぞ、堂々と「だらだらスマホ」をしてください。

 そうはいっても、だらだらスマホを見てしまうと、寝不足になってしまったり「また今日も、だらだらしてしまった」という罪悪感から、自分にうんざりしてしまう方もいるかもしれません。実は、そんな悪循環から抜け出す方法があるんです。

1/2ページ

最終更新:10/11(火) 5:00

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ウーマン

日経BP社

2016年12月号

価格:590円(税込)

お金が貯まる人の衣食住ぜ~んぶ見せます!
人生後半に失うお金&もらえるお金
カラダと心の疲れが消える! 1分メンテ
特別保存版 ふるさと納税BEST30