ここから本文です

電車のおもちゃを使った展示やイベントも 千葉の鉄道の魅力を知る展示会

オーヴォ 10/12(水) 10:53配信

 電車のおもちゃを使った展示やイベントもあるから子どもも喜ぶ! 千葉県内をつなぐ鉄道の魅力と、それを支える技術を紹介する展示会『出発進行~もっと・ずっと・ちばの鉄道~』が、10月14日(金)から12月4日(日)まで、千葉県立現代産業科学館で開催される。

 地域の人々の生活を支える鉄道。千葉県の鉄道はそれぞれ、水運や街道に代わる新たな輸送手段として特徴ある変遷を遂げ、県内路線網を形成してきた。現在は、旅客・物資の輸送のほか、房総丘陵の豊かな自然を満喫できる観光鉄道など、多くの鉄道が活躍している。

 展示は「もっと」千葉の鉄道を知ってもらうための『“もっと”ちばの鉄道』と、これからも「ずっと」千葉の鉄道が活躍するための技術を紹介する『“ずっと”ちばの鉄道』の2つのテーマで構成。“もっと”のコーナーでは、県内路線の歴史や特徴、観光への取り組みなどを、“ずっと”のコーナーでは、「走るしくみ」、「線路のしくみ」、「走らせるしくみ」など、高い鉄道技術について車両機器の実物や模型を展示して解説する。さらに、銚子電気鉄道が所有する、現存する日本最古級の電気機関車「デキ3」の実物が、昭和16年の入線以来初めて銚子を離れ、会場で来館者を出迎える。車体側面から見ると凸型をしている可愛らしい姿は、鉄道好きはもちろん、子どもたちの人気も呼びそう。

●入場料
一般800円、高大学生400円、65歳以上と中学生以下は無料。※11月3日文化の日は、入場料無料(駐車場は有料)。

●開館時間と休館日
9:00~16:30(入館は16:00まで)。期間内は休館日の月曜と11月8日(火)が休館。

最終更新:10/12(水) 10:53

オーヴォ

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。