ここから本文です

「戸塚だと鼻で笑われる」横浜銀蝿メンバー語る横浜内格差

NEWS ポストセブン 10/12(水) 7:00配信

 東京や大阪に並ぶ商業都市であり、京都に並ぶ観光地であり、神戸に並ぶ港町でもある「横浜」だが、なぜかそこに住む横浜市民を嫌う「横浜ぎらい」は根強い。それというのも「横浜市の外に憧れを持つ“神奈川県という田舎”が存在する」というハマっ子たちの“横浜中華思想”にウンザリしているからだ。ところが“田舎者”の不満は、ハマっ子たちには馬耳東風。横浜市緑区出身のタレント、斉藤慶太氏はこう話す。

「僕は東京に住んでいた時期もあったんですけど、それじゃハマっ子を名乗れないと思って、のびのびと生活できる横浜に戻ってきました。横浜は偉そうとか地方の人は言いますけど、みんな集まってくるじゃないですか。神戸と似てるとか言う人もいますが、横浜の方が広いし、大きいし、人の数も違う。僕は横浜の方が上だと思います」

 すがすがしいまでの郷土愛である。が、実は斉藤氏は“本物の”ハマっ子ではない。地域批評本『これでいいのか神奈川県横浜市』を編集した高田泰治氏が言う。

「同じ横浜市でも、基本的には中区、西区、保土ケ谷区という横浜駅に近い中心街の住人がハマっ子であり、彼らはその他の区をハマっ子とみなしていません。横浜市民とハマっ子は違うんです」

 それを斉藤氏に伝えると、「僕たちだって同じように横浜を愛してますし、横浜市民なのでハマっ子を名乗りたいです! いや~、ショックだな。そんな風に思われてたのか……」と落ち込んだ様子だった。

 もっとひどい扱いを受けているのが、JR戸塚駅を中心とする戸塚区である。「横浜銀蝿」のメンバー、嵐ヨシユキ氏が衝撃の告白をする。

「われわれ戸塚の人間が横浜の中心街に行くとヨソ者扱いなんですよ。『田舎からわざわざ電車に乗ってやってきたのか』って。戸塚の人は、非横浜市の奴らの前では『横浜だ』『ハマっ子だ』って偉そうにしてるんだけど、中心街の連中に『横浜のどこだよ?』と訊かれて『戸塚……です』と答えると鼻で笑われちゃう。横浜銀蝿のメンバーに中心街の奴はいないので、僕らは本当は『横浜憧れ銀蝿』かもしれません(笑い)」

「京都ぎらい」における洛中・洛外と似た格差が、横浜市内にも見られるのだ。

※週刊ポスト2016年10月14・21日号

最終更新:10/12(水) 7:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。