ここから本文です

3試合連続ゴールの原口元気、“狙い通りの先制弾”と“悔やまれるPK献上”

東京ウォーカー 10/12(水) 0:38配信

サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)出場をかけたアジア最終予選の第4戦が、10月11日(火)に行われた。

【写真を見る】原口選手の先制ゴールで歓喜の日本代表

6大会連続6回目の本大会出場を目指す日本代表は、敵地でオーストラリア代表と対戦。5分に原口元気選手のゴールで先制したが、52分にPKで追いつかれ、1-1で引き分けた。

原口選手は、開始早々に本田圭佑選手からのパスで抜け出し、左足で冷静にゴールに流し込んだ。試合後に先制ゴールについて、「得点は狙い通り。監督の言っていた通りショートカウンターがはまって、圭佑くんが『一つタメて、そのタイミングで裏に出てくれ』という話をしていた通り」と振り返った。

オーストラリア代表戦の得点で、原口選手は最終予選で3試合連続ゴール。攻撃をけん引しているが、「周りのサポートが大きいと思いますし、(所属クラブの)ヘルタだと(パスが)出てこないところが代表だと出てくるし、走れば出てくるので走りがいはあります」と出し手を称えた。

攻撃だけでなく守備でも走り回り攻守に貢献したが、52分にペナルティエリア内で相手選手を倒してしまい、同点ゴールのPKを与えてしまうプレーもあった。守備でも相手に攻撃の形をつくらせていなかっただけに、「一人ひとりがノーミスでいっていたので、だからこそあのシーン(PKを与えた場面)は…。悔やまれるというか、申し訳ないというか…」と言葉を詰まらせる。

グループ首位の相手だったが、「(所属するリーグの)ブンデスでやっているよりも全然遅かったですし、自分のプレーは出せていたと思う」と、普段通りのプレーが存分に通用。それだけに、「欲を言えばあのミスと、もう1点取りにいくクオリティが足りなかった」と反省も口をついた。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:10/12(水) 0:38

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016