ここから本文です

プロ野球CSを大人として10倍楽しく見る方法

NEWS ポストセブン 10/12(水) 16:00配信

 日本シリーズ進出を賭けたクライマックス・シリーズ(CS)が始まる。どこのチームが駆け上がるが気になるのはもちろん、大人にとって大事なのは勝ち負けを超えて楽しむこと。大人力コラムニストの石原壮一郎氏が「CSを大人として10倍楽しく見る方法」を伝授する。

 * * *
 セ・リーグもパ・リーグも、12日からクライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージがスタートします。セはレギュラーシーズン3位のDeNAと首位の広島、パはレギュラーシーズン2位のソフトバンクと首位の日本ハムが激突。6試合制(首位のチームに1勝のアドバンテージ)で先に4勝したほうが、日本シリーズへの出場権を獲得します。

 プロ野球の話題は、なんだかんだ言って大人の定番でありたしなみ。ひと味違う大人を目指しつつ、CSを「10倍楽しく見る方法」を考えてみましょう。「あれ? どっかで聞いた言い回しだな」と思った方は、さすがよくご存じでいらっしゃる。エモやんこと江本孟紀氏が1982年に、プロ野球の内実を暴露した『プロ野球を10倍楽しく見る方法』という本を出版。大ベストセラーになって、映画化されたり続編が出まくったりしました。

 たぶん30代以下には馴染みが薄い言い回しなので、頭をプロ野球モードにする意味を込めつつ、随所で使ってみましょう。「企画書を10倍魅力的に見せる方法を教えてやる」とか「ホッピーを10倍おいしく飲む方法を知ってるか」とか。若い世代は新鮮味を感じ、中年世代はニヤリとしてくれるはず。どちらも、具体的な方法は各自でお考えください。

 話は戻ってCSですが、2007年にスタートして今年はちょうど10年目です。10年のうち、3位のチームが2位のチームを倒してファイナルステージに進出したのは、セが今年含めて4回で、パはなんと7回。ただ、さらにファイナルステージも制して、3位のチームが日本シリーズに進出したのは、2010年のロッテだけです。ちなみに2位のチームでは、2007年中日と2014年阪神が進出しました。

1/3ページ

最終更新:10/12(水) 16:00

NEWS ポストセブン

なぜ今? 首相主導の働き方改革