ここから本文です

最大のライバルとのドローで山口蛍が抱いた“攻守のジレンマ”

東京ウォーカー 10/12(水) 10:37配信

サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)出場をかけたアジア最終予選の第4戦が、10月11日(火)に行われた。

【写真を見る】山口選手とボランチを組んだ主将の長谷部誠選手

6大会連続6回目の本大会出場を目指す日本代表は、相手サポーターで埋まった敵地でオーストラリア代表と対戦。開始早々の5分に原口元気選手のゴールで先制したが、52分にPKで追いつかれ、1-1で引き分けた。

ボランチの一角としてフル出場した山口蛍選手は、相手への素早い寄せと粘り強い守備で奮闘。「守ってカウンターということしか今日はなかった」というチームの狙いを、しっかりと下支えした。

アジア王者でグループ首位の相手だったが、PKを与えたシーンを除けば決定機を与えずに90分を戦った。試合に臨む上で練習では、「守備のことしかやっていなかった」と山口選手。「引いてどう守るのかということと、あとはカウンターしかなかった。その先の崩しはほとんどやっていなくて、守備面の練習が多かったからその成果が出た」と語る。

「崩されたシーンはほとんどなかった」と守備での手応えを語った一方で、攻撃での課題も抱いた様子。実際にオーストラリア代表と対峙して、「攻撃に移ったときに、もっとコンビネーションだったり、ワンタッチやツータッチで一人、二人とパンパンと叩けば相手もついて来れなかったと思う」という印象を口にする。

「ただ、そこまでチームとしては余裕がなかった。すごく難しいゲームになった」と攻守におけるジレンマも垣間見せた。

追いつかれてのドローという結果について、勝ち点3を逃したのか、それとも勝ち点1を得たのかと問われると、「僕らとしてはやっぱり勝ち点3を狙っていたから、(勝ち点3を)逃した方が大きいと思う。けれど、今の現状を考えればアウェイだし、勝ち点1は最低限の結果かな」と複雑な胸の内を明かした。

次戦は11月15日に埼玉スタジアム2002に行われるサウジアラビア代表との試合。勝利に向けて、ホームで戦う日本代表を大声援で迎えよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:10/12(水) 10:37

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

なぜ今? 首相主導の働き方改革