ここから本文です

災害時に大切な備え!ご近所力を育てておこう

東京ウォーカー 10/12(水) 20:00配信

いざというとき、どうやって家族を守るか。特に心配なのは、子どもだけで家にいる場合です。そんな不安を解消するためにも「事前の備えが大切」とNPO法人ママプラグ認定アクティブ防災ファシリテーター・宮丸みゆきさん。どんな備えかというと……

【写真を見る】子どもに回覧板を持っていかせるなど、ふだんから家族で上手に近所づきあいを



【近所で助け合えるようにしておく】

近所の人やママ友など、近隣で助け合える人間関係を築いておくことが重要です。子どもだけで家にいるときに災害に見舞われた際にも、「あそこの大人に相談しよう」と助けを求められるよう、相手にお願いしておくとベター。相手のことも助けられるよう、いざというときの連絡先も交換・確認を。



そのためにも、ふだんから気持ちのいいご近所づきあいを。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:10/12(水) 20:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。