ここから本文です

災害への備え。家族で「防災体験」してみよう

東京ウォーカー 10/12(水) 22:00配信

「防災キャンプ」や日帰りの「防災ピクニック」が、災害への備えの一つとして推奨されています。防災用のアイテムを使って調理したり、電気のつかない真っ暗な中、寝袋で寝てみたり。「この道具を使ったことがある」「似た状況を体験した」ということが、非常時には大きな安心材料となります。

【写真を見る】屋外の小屋に泊まって、非常食を食べる「防災キャンプ」。子どもたちにとってもいい体験に



そう教えてくれたのは、NPO法人ママプラグ認定アクティブ防災ファシリテーター・宮丸みゆきさん。宮丸家では、ストックしている非常食の賞味期限チェックを兼ね、毎年防災キャンプをしているそう。「キャンプというほど大げさなものではなく、バンガローのような屋外の小屋に泊まり、非常食を食べます。野草のガイドブックを手に、食べられる野草を摘んで食べたことも」。

防災訓練をアウトドアの楽しみの一つとして体験することで、子どもたちも防災キャンプに前向きで明るい印象を持っているそう。「不自由を楽しむ強さが生まれます」。



秋の気候のいいうちに家族で体験、いざというときの備えをしてみて。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:10/12(水) 22:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。