ここから本文です

心がほっこりする暮らしの中のエピソード「家族のための健康ごはん。私も風邪をひかなくなりました」

エイ出版社 10/12(水) 15:00配信

家族のための健康ごはん。いつの間にか私も風邪をひかなくなりました

里山で暮らす生活をつづったインスタが大人気のyumimoo65さん。「毎日は、子育てと家事の繰り返し。特別なことはなにもありませんが、この何気ない日々の暮らしが大好きです」と語るyumimoo65さんがアップする、料理や道具、畑仕事などの美しい写真や、それらに添えられる温かいメッセージが多くの人の心をとらえてします。

そんなyumimoo65さんがつづった日々の暮らしの中から、「食」をテーマにした投稿をご紹介します。「家族のための健康ごはん。いつの間にか私も風邪をひかなくなりました。支えているようで、支えられているのは私かも」。家族を思いながら作った食事で自分も風邪をひかなくなったなんて、素敵なエピソードですね。

yumimoo65さん初のエッセー『シンプルで心地よい暮らし方』では、インスタ未投稿のレシピが満載です。どれも優しさがたっぷり詰まったものばかりなので、ぜひお試しください。

かぞくの食事時間「SWEETS」

私の作るお菓子は、素朴な焼きっぱなしのものばかり。だけど、家族はみんなそんなお菓子をとてもよろこんでくれます。私がシフォンの型を手に取ると、次男坊は目を輝かせます。幼い頃からお菓子作りは大好きだったけど、よろこんでくれる人がいなかったら、こんなに続かなかったかも知れません。子どもたちが食べたいお菓子をたくさん言ってくれることも、旦那さんのリクエストがいつも同じなことも、お菓子を作り続けるちからになっています。

だしのとり方

だしは既存のだしパックではなく、昆布とかつお節を大きめのお茶パックにいれて作っています。小さな子どもがいるので、丁寧にだしをとるのは難しいけれどこれくらいなら、毎日手軽に使えます。だしパックは、時間のあるときにいつもまとめて作っていますが、この作業も楽しくてすきなんです。

かぞくの食事時間「FOOD」

我が家のごはんの基本は、家族のすきなもの。みんな、定食屋さんみたいな、洋食屋さんみたいな、シンプルで飽きのこないメニューが大好き。変わったメニューはあまりウケません。たまには新境地を開拓してみたいけど、やっぱりみんなによろこばれたくて、すきなものばかり作ってしまいます。苦手な副菜は、豆皿にのせて添えています。「これだけは食べてね」が、ちいさなルール。子どもたちの口グセは、いつも「今日のごはんはなに?」です。

○Profile
yumimoo65
1976年生まれ。夫(同級生)、長女(12 歳)、長男(9 歳)、次男(2 歳)の5 人家族。インスタグラムにアップされる料理や、道具、畑仕事のことなど、美しい写真と心温まるメッセージで人気のインスタグラマー。
http://www.instagram.com/yumimoo65/

最終更新:10/13(木) 16:19

エイ出版社

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。