ここから本文です

「不妊かも?」と思ったら二人で一緒に検査を 治療もスムーズに

ファンファン福岡 10/12(水) 17:00配信

不妊の原因はさまざま

 以前は、妊娠を希望してから2年経っても妊娠が成立しないと不妊症だと言われていました。しかし、現在は日本産婦人科学会において、不妊症の定義となる基準が2年から1年になりました。 妊娠が成立するためには、卵子と精子が出会い、受精して着床するまで、多くの条件が揃う必要があります。そのため、不妊症の原因は、多くの因子が重複していたり、逆に検査しても明らかな不妊の原因が見つからない原因不明のものもあります。
 ここでは、女性、男性それぞれで認められる不妊の原因をご紹介します。

●男性側の原因
■精子を作る過程での障害(精液性状低下)
■精子の通過障害
■性機能障害(勃起障害や射精障害)


●女性側の原因
■排卵障害(過度なダイエット、高プロラクチン血症、多嚢胞性卵巣など)
■卵管の通過障害(クラミジアや淋菌感染症など)
■子宮の問題(子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜ポリープ、中絶手術など)
■頸管粘液の問題(排卵期の透明で粘稠性のあるおりもの)
■免疫の問題(抗精子抗体や精子不動化抗体など)
■原因不明(3分の1を占めると言われ、加齢などの問題も含まれる)

男性の不妊

 男性の不妊症の原因は、射精がうまくいかない場合(性機能障害)と、射精される精液の中の精子の数や運動率が悪くなっている場合(精液性状低下)に分けられ、後者は軽度・中等度のものと、高度および無精子症に分けられます。

 性機能障害には、ストレス等により有効な勃起が起こらず性行為がうまくいかない勃起障害(ED)や性行為は出来ても腟内射精が困難な腟内射精障害があります。不妊の治療としてタイミング指導を行う場合、タイミングに固執してしまうと性行為そのものに障害を来たしたりする場合もあります。その他、動脈硬化や糖尿病も性機能障害の原因になります。糖尿病は軽症でも勃起障害となり、重症となると射精障害や精液量が減少し逆行性射精(一部の精液が膀胱内に射出される)や精液が出なくなる無精液症を来たします。

 精子は精巣(睾丸)の中で作られ、精巣上体という細い管を通り抜ける間に運動能力をえて、受精を行うことの出来る完全な精子となります。精巣での精子形成や、精巣上体での運動能獲得過程に異常があると、精子の数が少なくなったり、精子の動きが悪くなったり(精子運動率低下)、奇形率が多くなったりして、受精する力が低下します。

 このような病態を「造精機能障害」と呼びますが、その一部の方は精索静脈瘤が関与すると言われています。精索静脈瘤は外科的手術によって造精機能障害が回復し得る可能性があります。

1/2ページ

最終更新:10/12(水) 17:00

ファンファン福岡

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ファンファン福岡

株式会社西日本新聞社

福岡市を中心としたエリアで発行するフリーペーパー。「福岡って楽しい!大好き!」という地元の方々と一緒に、魅力あふれる福岡の街や人、イベント、グルメスポットなどを随時更新。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。