ここから本文です

「独自の文化圏」誕生させた東アジアの交流イベント――東京に“謎の自治区”出現

週刊金曜日 10/12(水) 11:48配信

“世界の大バカたちが東京に集結し、謎の自治区を形成する”イベント「NO LIMIT 東京自治区」が、9月11~17日、都内各地のスペースなどで開催された。高円寺の素人の乱をはじめ、新宿のIrregular Rhythm Asylum(IRA)、国立の「かけこみ亭」、下北沢の気流舎など、カウンターカルチャーの現場となっているスペースの関係者が主催。

 中心メンバーの1人で高円寺のリサイクルショップ「素人の乱5号店」の松本哉さんが背景を説明する。

「東アジアや東南アジアの人と徐々に仲良くなってきて、謎の地下文化に関わる人、アーティストやバンドの人たちと知り合うようになった。国内にも海外にもおもしろい場所が増え、それらに出入りする人々は、国は違っても、やっていることは同じ。そのうち、アンダーグラウンドで色々やっている東アジア圏のマヌケなヤツの交流を広めたいと考えるようになった。どこの政府もろくでもないが、国内で政府に反対する運動だけやっていても、なかなか政府は変わらない。それどころか、各国政府間の『喧嘩』に巻き込まれたりもしがちなので、それだったらもう、俺たちで勝手な文化圏・独自の世界をつくって対抗するしかない」

 9月3~9日には、千代田区三崎町のギャラリー「路地と人」でプレイベント「《惑星》Lorna Wen・Eddie Choo写真展」(Lornaさんは台湾、Eddieさんはマレーシアから参加)を開催。

 10日には「東京自治区出現前夜祭」が高円寺で催され、のべ百数十人が参加。「北京のいちばんヤバいインスト・バンド」White+のライブ演奏も。

 14日には、やはり高円寺で乱入企画「パレスチナ・カフェ」、でパレスチナに関する上映やトークなどが展開された。

 最終17日には、“マヌケたち”の一大集結を記念し、“鎖国反対”を掲げて新宿をパレードした。

 連日さまざまなイベントが催され多くの人を集めたが、これは「NO LIMIT(制限なし)」であり、大きな「東京自治区」「東アジア解放区」の始まりにすぎない。

(小林蓮実・フリーライター、9月30日号)

最終更新:10/12(水) 11:48

週刊金曜日

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊金曜日

株式会社 金曜日

12月2日号(1115号)
2016年12月2日発売

定価 580円(税込み)

■安倍政権と日本会議
●「占領憲法」批判と対米従属の奇妙な結合
●"憲法改正"の女子的論議
●「押し付けられた憲法」と"改正"望む人々

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。