ここから本文です

秋華賞の「主役」ビッシュ。華奢なヒロインの伝説が今、始まる

webスポルティーバ 10/12(水) 11:27配信

 牝馬三冠の最終戦となる、GI秋華賞(10月16日/京都・芝2000m)。ここにきて、ひと際注目を集めているのは、ビッシュ(牝3歳)だ。同じ世代の中ではかなり遅くにデビューしたものの、そこから着実にステップアップ。目前に迫ったこの大舞台では、いよいよタイトルを狙える位置にまできた。

【写真】秋華賞を制覇したシンハライト、ビッシュと同じく父は名馬ディープインパクト

 牝馬クラシック第2弾のGIオークス(5月22日/東京・芝2400m)では、早めに動く積極的なレースで3着。夏の休養を挟んで臨んだ秋華賞トライアルのGIII紫苑S(9月10日/中山・芝2000m)では、大外枠スタートから豪快にまくって、2着に2馬身半差をつける完勝を決めた。近走の充実ぶりを見れば、文句なしの有力候補である。

 しかも、最大のライバルで、秋華賞の最有力候補と目されていたオークス馬、シンハライトが出走を回避。戴冠の可能性はますます高まったと言える。

 一躍、秋華賞の”主役”に躍り出たビッシュ。デビューしたのは、3歳となった今年の2月だった。ほとんどの馬が2歳で初陣を迎える中、彼女のキャリアの始まりがここまで遅くなったのは、どんな理由があったのだろうか。

 デビュー前の調整や、レースの間の短期放牧にビッシュが訪れるノーザンファーム天栄(福島県)。場長を務める木實谷(きみや)雄太氏は、デビューまでの道のりについてこう振り返る。

「今も体は小さいのですが、デビュー前にこちらにきたときも『小柄で、ちょっと頼りないな』という体つきでした。それゆえ、成長をうながしつつ、他馬よりも調教メニューを少し加減しながら、じっくり、じっくりとデビューへと調整を進めてきました」

 デビュー戦が418kg、以降も420kg以下の馬体重でレースに出走しているビッシュ。もともと「他馬よりも、1日の調教による消耗度が大きかった」と木實谷氏は言う。だからこそ、時間をかけて育てていった。

「そうは言っても、当時から動きはよかったですね。ディープインパクトの子どもらしいバネがありましたし、能力の高さは感じていました。あとは、それが発揮されるだけのトレーニングができるかどうか。サラブレッドもアスリートですから、いくら素質があっても、トレーニングが積めないと(レースで)通用しないので」

 こうした背景からデビューは遅れたものの、ビッシュは自らの素質を見せつけるかのように、新馬、500万下条件と2連勝を飾った。デビュー戦に至っては、5馬身差の圧勝だった。

「(デビュー戦の頃は)まだまだビシビシと調教できない段階でしたが、そんな状況であれだけ走るのですから、『やはり素質は高いな』と感じました。ただ、2戦目を終えて天栄に戻ってきたときは、疲労困憊という状態でしたね。馬体も減っていて、回復には苦心しました」

1/2ページ

最終更新:10/12(水) 11:27

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。