ここから本文です

行ってみたい!箱根にできた新しい“巣み処”。

VOGUE JAPAN 2016/10/12(水) 18:15配信

2016年オープンのコンセプチュアルなホテル最新情報。東京からおよそ2時間、箱根・仙石原に7月と10月にオープンしたばかりの上質な宿をピックアップ。

10月1日にグランドオープン!箱根にできた注目の宿。

100年以上の歴史を持つ箱根の名旅館が生まれ変わる。

箱根・仙石原の静寂な森に大正3年に開業し、与謝野晶子、与謝野寛*をはじめ、著名な文化人たちに愛され、天皇陛下も皇太子時代に宿泊した名門旅館「俵石閣」が、2年の歳月をかけて、モダンで快適なホテル「NEST INN HAKONE」と100年の歴史と伝統を感じさせる「俵石閣」という異なるアプローチの2つの宿に生まれ変わった。

全敷地面積およそ55,000平方メートル 。「森と共生、そして森と共鳴する」という共通のコンセプトの下、仙石原の「豊かさ」を体現する場所としてオープンした。世界を舞台に活躍するロサンゼルス在住のアートディレクター八木 保がデザインを監修。可能な限りありのままの状態を受け継ぎ、ところどころに新しいエッセンスを注ぐことで、かつての名宿は新しい時代のゲストを迎えるにふさわしい宿にアップデートされた。


*神奈川近代文学館資料より

忙しい日常を忘れ、自分を取り戻す“巣み処”。

7月にオープンしたのはホテル「NEST INN HAKONE」。ゲストが忙しい日常を忘れ、自分を振り返ることのできる“巣み処”になりたいという思いが込められている。敷地の北半分を占める「ホテルエリア」には、3棟の客室棟をはじめ、レストラン「ウッドサイド」、レクレーションスペース「フリーバード」、大浴場「バードバス」と、鳥と木にちなんだ建物が点在する。客室の大きな窓からは自然のパノラマが広がり、森との一体感を味わうことができる。

森の中を走る全長200メートルのウッドデッキの先にあるのが「バードバス」。内湯は大湧谷から直接引いた貴重な源泉掛け流し。濃厚で少し白濁した湯は、カルシウム、マグネシウムを豊富に含む硝酸塩泉で、美肌効果があるうえ、身体を芯から温めて健康にも良い。露天の檜風呂では、湯船に浸かりながらの森林浴。檜の香りに、森の香り成分「フィトンチッド」も加わり、しっかりと癒される。

Yuka Kumano

最終更新:2016/10/12(水) 19:36

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年2月号
2016年12月27日発売

700円(税込み)

ステラ・マックスウェルなど注目モデル15人が表紙&ファッションストーリーに登場
特別付録は、エミリオ・プッチのスターバックスカード