ここから本文です

「ハンドルのない自律走行車」、試験走行がカリフォルニアでスタート

WIRED.jp 10/12(水) 7:10配信

米国カリフォルニア州で9月29日(米国時間)、自律走行車の試験運転に関して大きな動きがあった。ジェリー・ブラウン州知事が新たな法案に署名を行い、運転席とハンドル、ブレーキ、アクセルを装備していない自律走行車両の一般道での試験走行が可能になったのだ。

今年初の死亡事故、なぜ「テスラの自律走行車」の事故が目立つのか

しかし、心配は無用だ。同州の自動車法に追加された条項が適用されるのは、ごく一部の道路、ならびにコントラコスタ郡にある民間ビジネスパーク周辺のみとなる。また、車両の走行スピードは時速35マイル以下(およそ時速56km)に制限されている。

コントラコスタ郡のビジネスパークでは、これから6カ月間、フランスEasyMile社製の低速自動運転ミニバス2台が性能テストを行う予定になっている。

カリフォルニア州は早い段階で、自律走行車が一般道で試験運転できる法案を制定していたが、人間が制御する運転席とアクセル、ブレーキが装備されているという条件付きでだった。こうした規制は、グーグルやデルファイ(関連記事)などにとっては問題にはならなかったが、Local Motorsが開発した、IBM「Watson」を使った自動運転ミニバス「Olli」などは、カリフォルニア州での試験運転を行うことができなかった。

カリフォルニア州は、自律走行車に対して先進的に取り組む州のひとつだ。そのほかの多くの州は、自律走行車に関する州法を制定する前に、まずは連邦政府の対応を待たなければならない。

だが連邦政府は9月20日、ついに第一歩を踏み出した。国家道路交通安全局が、連邦自律走行車政策を新たに発表したのだ。同政策のガイダンスには州規制に関する項目も含まれている。

連邦政府ならびに自律走行車業界の関係者の間には、各州のガイドラインの足並みをそろえ、互いに食い違うような事態を避けたいとの強い要望がある。各州の規制がバラバラだと、ある州では自動運転が合法でも、別の州に移動したとたん、人間がハンドルを握らなければならないような事態になってしまうからだ。

JONATHAN M. GITLIN

最終更新:10/12(水) 7:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

なぜ今? 首相主導の働き方改革