ここから本文です

もうパソコンに前のめらない!姿勢を正す3つの簡単なエクササイズ

ライフハッカー[日本版] 10/12(水) 12:10配信

パソコン作業をするときは正しい姿勢で座ることが大切ですが、1日中姿勢を意識することは難しいでしょう。そこで、今回は長時間にわたる作業中でも姿勢に意識的になれる簡単な3つのエクササイズを紹介します。

姿勢を正して首や背中を伸ばすエクササイズはたくさんありますが、今回「Outside Magazine」が紹介するエクササイズでは、席を外して体を動かします。

転がる:うつぶせになって寝転がり、両腕を前に伸ばします。右腕を上げて体重にまかせて1~2回転がります。それから左腕を上げて反対方向に転がりましょう。地面を押すのではなく、腕を使って体重で転がるころを心がけましょう。

前後に揺れる:手とひざを地面につけて前後に揺れます。足に向かってお尻を突き出し、ゆっくり前方に戻ります。そのままの体勢で顎を胸に向けて戻す動きも、首と背中の上部の筋肉を緩めるのに効果的です。

ほふく前進: 四つん這いになって数歩前に進んで戻ります。お尻の筋肉が伸びて気持ち良いと感じる程度にお尻の動きを地面に対して大げさにしてみても良いでしょう。首をストレッチするために前進するたびに頭を左右に動かすのも効果的です。

エクササイズをするときは、できるだけ頭と肩がまっすぐになるよう心がけましょう。詳しくは動画でやり方をチェックしてみてくだい。

動画はこちら:https://youtu.be/N_KDkC4tois

You're Slouching. Take 5 Minutes to Stand Straight. | YouTube

Heather Yamada-Hosley(原文/訳:wasabi)

最終更新:10/12(水) 12:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。