ここから本文です

【自転車レース】ドーハ世界選・女子エリートTTは米国のネーベンが優勝

CYCLE SPORTS.jp 10/12(水) 8:08配信

男子ジュニアTTは米国のマクナルティ

中東カタールの首都ドーハで開催中のUCIロード世界選手権は、10月11日に女子エリートの個人タイムトライアルを競い、米国のアンバー・ネーベンが優勝した。2位はオランダのエレン・ファンダイク、3位はオーストラリアのカトリン・ガーフート。日本の與那嶺恵理は21位だった。

男子ジュニアの個人タイムトライアルは米国のブランドン・マクナルティが優勝。日本の渡邉歩は62位、沢田桂太郎は72位だった。

10月12日は男子エリートの個人タイムトライアルが行われる。

■女子エリート・個人タイムトライアル結果[10月11日/28.9km]
1 アンバー・ネーベン(米国)36分37秒
2 エレン・ファンダイク(オランダ)+5秒
3 カトリン・ガーフート(オーストラリア)+8秒
4 オレガ・ザベリンスカヤ(ロシア)+11秒
5 アネミーク・ファンフリューテン(オランダ)+25秒
6 リサ・ブレナウアー(ドイツ)+57秒
7 トリクシー・ウォラック(ドイツ)+1分11秒
8 アンソフィー・ダイク(ベルギー)+1分27秒
9 カタジナ・パウロウスカ(ポーランド)+1分36秒
10 アレーナ・アミアリウシク(ベラルーシ)+1分41秒
21 與那嶺恵理(日本)+3分01秒

■男子ジュニア・個人タイムトライアル結果[10月11日/28.9km]
1 ブランドン・マクナルティ(米国)34分42秒
2 ミッケル・ビェルグ(デンマーク)+35秒
3 イアン・ギャリソン(米国)+53秒
62 渡邉歩(日本)+5分20秒
72 沢田桂太郎(日本)+6分44秒

最終更新:10/12(水) 8:08

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。