ここから本文です

リアルなバッグの中身を拝見!ファッション業界のミラネーゼに聞きました。

VOGUE JAPAN 10/12(水) 19:50配信

バッグの中身を見れば、その人のスタイルと個性が見えてくるもの。今回は、ミラノのファッション業界で働くスタイリストのクララと、メンズシューズブランドでセールスマネージャーを務めるタティアナのこだわりを聞きました。

エレガントなタティアナのマタニティースタイルに欠かせないものは?

ガーリーなチェック柄ドレスにスポーティなブルゾンをON。

クララ・ラクツ(Clara Ractz)
スタイリスト、ファッションコンサルタント、ヴィンテージショップオーナー

ミラノのストリートスナップに度々登場してくれるスタイリストのクララ。今日のスタイルのポイントは? 「いつもその日の気分で服を選ぶの。今日セレクトした服に特別な意味はないんだけど、なんとなくガーリーなドレスを着たいなと思って。甘くなり過ぎないように、スポーティなブルゾンでバランスを取っているわ。」

以前モデルとして世界中を飛び回っていた彼女は、各地でヴィンテージの服を買い集めるのが趣味だったそう。「いつものスタイルは、やっぱりヴィンテージをベースにしたミックススタイルが多いわね。気取らない自分らしさが出せるから」

ドレス:NYのヴィンテージショップで購入
ジャケット:ヴィンテージ
バッグ:ヴィンテージ
シューズ:ザラ (ZARA)

ヴィンテージバッグを愛用中。次に狙うはシャネルのクラシカルなデザイン。

ヴィンテージのシンプルなハンドバッグを愛用中で、携帯電話はいつもiPhoneとBlackberryのふたつ持ちだと言う。「仕事とプライベートで使い分けているの。充電用バッテリーはもちろん、データを持ち歩くことも多いのでUSBのメモリも必ずバッグに入れておくわ。」

今、欲しいバッグは何?「それほどブランドのバッグに関心があるわけじゃないんだけど、シャネルのバッグは欲しいアイテムのひとつね。クラシカルで永遠のエレガンスを持ち合わせているから 」

エスニック柄のウォレットはデザインに一目惚れ!

ヴィンテージ好きのクララにとって、お気に入りのアイテムに出合うことはまさに一期一会だ。「エスニック調のウォレットは珍しい柄に惹かれて即購入。これなら人とかぶることもないし、個性が出せるでしょう。薄いけれど収納力があるので、小銭とカード類を入れているの。お札を入れているレッドのウォレットも、もちろんヴィンテージよ!」

Mayumi Numao

最終更新:10/12(水) 21:44

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。