ここから本文です

デヴィッド・ボウイの大回顧展がついに日本上陸! 入場チケットのオフィシャル最速先行販売がスタート

ハーパーズ バザー・オンライン 10/12(水) 17:40配信

2013年に英国のヴィクトリア&アルバート美術館監修のもとスタート以来、世界9か国を巡回し、約150万人を動員した、デヴィッド・ボウイ(David Bowie)の大回顧展「DAVID BOWIE is」が待望の日本上陸が決定! ボウイの70回目の誕生日にあたる、2017年1月8日(日)から4月9日(日)までの期間、東京の寺田倉庫にて開催される。

永遠のロックスター、デヴィッド・ボウイに捧げるフォトギャラリー

ミュージシャンの枠を超え、今なおアート、ファッション、文化などさまざまなジャンルに影響とインスピレーションを与え続けるボウイ。“20世紀で最も影響力のあるアーティスト”の世界観を集大成した本展は、映像や写真、オリジナルステージ衣装、映像、直筆のスケッチや歌詞、私物など、デヴィッド・ボウイ・アーカイブが所蔵する75,000点から厳選された初公開品を多く含む300点以上の貴重な品々を、音楽と映像による体験型の演出で紹介。

“STARMAN”、 “FASHION”、 “JAPAN”、 “SOUND&VISION”という見どころ満載の4つのカテゴリーに加え、注目は日本独自のコーナー“SPECIAL-David Bowie meets Japan”。北野武と坂本龍一が『戦場のメリークリスマス』を語る、撮り下ろしインタビューで、ボウイの知られざる美学について明かしている。また、会場では、世界中の回顧展で完売続出のグッズや日本限定のオフィシャルグッズを多数販売予定で、こちらも見逃せない。公式サイトでは、10月16日(日)23:59まで、2017年1月8日(日)から1月10日(火)入場分のチケットを先行販売(抽選)中。いち早くその感動を味わいたい人は、さっそくチケットを押さえて!

最終更新:10/12(水) 17:40

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。