ここから本文です

オータムジャンボ 億のヒントは窓口の「ゆるキャラ」にあった

女性自身 10/12(水) 6:00配信

「ゆるキャラ」は、かわいさと文字どおりのゆるさで和ませてくれるマスコット・キャラクター。しかし、宝くじにおいてはまったくゆるくなかった。ゆかりの売り場からバンバン大当たりを出すパワーが!

「この子が『億』を呼んでくれたんです!」と誇らしげに栃木県「大田原ベイシアチャンスセンター」の販売員が差し出すのは大田原市のゆるキャラ「与一くん」だ。平安時代、源平屋島の合戦の際、船上の扇の的を1本の矢で見事に射抜いたとされる弓の名手・那須与一が、幼少時を大田原で過ごしたことにちなんで市のPRマスコットとして誕生した「与一くん」。

「’13年サマー直前、販売員がたまたま市内の道の駅で目にしたのが一矢必中の『与一くん』のぬいぐるみ。これだと思って、売り場の窓口に飾ったところ、なんと1等前後賞5億円が出たんです」(店長・橋本達矢さん)

「与一くん」パワーはさらに続く。昨年、大田原市では「与一くん」のぬいぐるみを一回り大きくしたニューバージョンを発売。さっそくそれも売り場に飾ったところ、今度は’15年年末ミニ1等7,000万円が出たという。

 埼玉県「深谷アリオチャンスセンター」にいるのは、深谷市の特産品・深谷ネギをツノに見立てたゆるキャラ「ふっかちゃん」だ。

「昨年の全国ゆるキャラグランプリで第3位になるなど、地元では知らない人はいない人気者。昨年12月、年末ジャンボ発売中にアリオショッピングセンター内で開催された『深谷ねぎまつり』に『ふっかちゃん』が来たんです。子供たちは大喜び。うちの売り場の雰囲気もいっきに明るくなって、これはありがたいと思っていたら、1等前後賞10億円が出ました」(藤本隆店長)

 この大当たりを受け、藤本店長は深谷市と交渉。売り場ボックスの背の部分に「ふっかちゃん」のイラストを描き、窓口にはぬいぐるみを置いて、「ふっかちゃん」売り場として売り出し中だ。

 ゆるキャラが大当たりを呼んだ売り場はほかにもある。

■福井県「福井ワイプラザチャンスセンター」・ゆるキャラ「ジュラチック」。最新「億」実績・’15年サマー1等後賞1億円。
■長野県「飯山ベイシアチャンスセンター」・ゆるキャラ「アルクマ」。最新「億」実績・’15年年末1等前後賞10億円。
■岐阜県「高山バローチャンスセンター」・ゆるキャラ「飛騨のさるぼぼ」最新「億」実績・’16年グリーン1等前後賞6億円。
■静岡県「マスミ」・ゆるキャラ「人生カエルくん」。最新「億」実績・’13年サマー1等前後賞5億円。
■愛知県「名古屋ラッキーセンター」・ゆるキャラ「らっきぃあたるくん」。最新「億」実績・’13年ドリーム1等前後賞1.1億円。
■福岡県「久留米ゆめタウンチャンスセンター」・ゆるキャラ「くるっぱ」。最新「億」実績・’12年年末1等前後賞6億円。

 ゆるキャラがこんなに大当たりを招くのはなぜか?京都風水師のほへとさんに聞いてみた。

「宝くじ売り場はお金を扱うため、陰の要素が強い場所。ゆるキャラは底抜けの陽のパワーですので、陰陽のバランスが非常によくなり、大当たりを招きやすくなるんです」

 今後もゆるキャラのいる売り場は要チェックだ!

最終更新:10/12(水) 23:09

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。