ここから本文です

長谷部、守備に手応えも「豪州とホームでやる時、このサッカーをやるかと言われたら・・・」

フットボールチャンネル 10/12(水) 2:57配信

【日本 1-1 オーストラリア 2018年ロシアW杯最終予選】

 日本代表は11日、ロシアW杯アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し、1-1の引き分けに終わった。

各グループの上位2チームが本大会出場 W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

「とにかく真ん中を通させない。しっかりとブロック作って中を閉める」

 この日の日本のゲームプランについて長谷部誠はこう答えた。「ボールを回されても、危ないシーンは作られていなかった。そんなに嫌だなって感覚は正直なかった」と一定の手応えを感じている。

 後半に同点とされた後も「リスクを負って前に行くというよりは、しっかりとブロック作って。そこからやればチャンスはあると思っていたし、後半も何度かチャンスはあった」と最後まで戦い方は変えなかった。「本当に決定的なチャンスで言えば、ウチの方が多かったんじゃないか」とも述べた。

 イラク戦では最後の最後で勝ち越し、劇的な形で勝利を掴んだ。いい雰囲気の中でアウェイに乗り込んだが、連勝するには至らず。「引いてブロック作ってそこからカウンター」という展開を意図的に作り出すことは日本にとって珍しい。長谷部は臨機応変に戦うべきだと感じている。

「例えばオーストラリアとホームでやる時、このサッカーをやるかと言われたら、やらないかな、という感覚が正直、僕個人としてはある。相手によって、場所によってサッカーを変えていく意味では、まだまだ成長過程かなと」

 敵地でオーストラリアから勝ち点1を持ち帰れたことは収穫だろう。しかし、ホームでは相手も引いてくる可能性がある。その場合、必然的に日本がボールを保持する展開となる。状況に応じて正しいプレーが求められるのはどんな試合でも変わらない。ある意味、日本らしくないサッカーで1ポイントを獲得した。こうした戦いはハリルジャパンのオプションとなっていくのだろうか。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

最終更新:10/12(水) 7:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。