ここから本文です

LINEスタンプが8個から販売可能に! 写真を使ったスタンプも解禁

KAI-YOU.net 10/12(水) 17:35配信

ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」で、10月12日(水)よりスタンプ1セットにつき最低8個から販売することができるようになった。

もっと大きな画像を見る

また、これまで禁止されていた写真を使用したスタンプの販売も合わせて解禁された。

LINEクリエイターズスタンプがもっと自由に簡単に!

2014年5月のサービス開始以降、登録クリエイター数は61万人、販売中のスタンプ・着せかえ数は合計32万セットを超えるなど、さまざまなクリエイターの創作活動の場として親しまれている「LINE Creators Market」。

これまでのスタンプ販売は1セットあたり最低40個の制作が必要だったが、今後は静止画スタンプは8、16、24、32、40個、動くスタンプは8、16、24個のいずれかの個数で販売することができるようになる。

また、写真を使用したスタンプの解禁により、大切な友人の結婚式や誕生日のお祝いとして写真入りのオリジナルスタンプを作成し、プレゼント機能を使って贈るなど、これまで以上にさまざまなシーンでスタンプを活用することができそうだ。

最終更新:10/12(水) 17:35

KAI-YOU.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。