ここから本文です

城好きにはたまらないイベント!全国「山城サミット」がまもなく開催

サライ.jp 10/12(水) 13:20配信

「山城サミット」が大分県竹田市で開催! 『サライ』城特集でもお馴染み千田先生の記念講演もあります

昨今の戦国武将ブームで、武将たちが築いた“城”も脚光を浴びています。私は取材で各地の城跡を訪れていますが、若いカップルからサライ世代まで、あらゆる層が訪れていると実感します。

城の見方にも変化が感じられます。少し前までは、天守などの建物が残る城を巡ることが多かったように思いますが、最近は建物が残っていない、森のなかに埋もれてしまった“山城”を尋ねる人が増えてきました。

さて、そんな山城ファンにはたまらないイベント「第23回全国山城サミット in 竹田」が、10月22日(土)~23日(日)に開催されます。舞台は大分県竹田市。竹田といえば、日本100名城にも選ばれている岡城で有名です。岡城の現地見学会が開催されるほか、『サライ』本誌の城特集でもお馴染みの、奈良大学教授・千田嘉博先生の記念講演も行われます。

岡城は、海抜約325mの大地に石垣が聳える山城で、文禄3年(1594)に中川氏によって現在見られる姿となりました。現在もかつての縄張りが残されています。竹田市観光ツーリズム協会の藪内成基さんは、こう話します。

「竹田には岡城のほか、中世から近世の山城が18件も残っています。竹田は隠れキリシタンの洞窟礼拝堂跡など、南蛮文化の面影が良く残っている異国情緒溢れる街です。岡城と一緒に、風情ある街並みを散策していただきたいと思います」

今回の山城サミットに合わせて、岡藩伝来の宝物やキリシタン遺物が特別公開される「キリシタン遺物展・イコン画展」も開催。また、城下町にはいたるところにキリシタンの痕跡が残っており、専門のガイドの案内を聞きながら散策することができる「山城サミット記念ツアー」も実施されます。

岡藩3代藩主・中川久清は山登りを愛し、“入山公”の異名をとりました。そんな久清が眠るのが、標高約1400mの位置にある入山公廟で、武将の墓碑としてはもっとも高所にあります。普段は、公共交通で訪れることが難しい場所にありますが、「山城サミット記念ツアー」では直行バスを利用できるので、この機会に足を運ぶ価値は大いにありそうです。

「先日の熊本地震では岡城にも被害がありましたが、山城サミットを成功させ、竹田や大分の元気な姿を知ってもらいたいと考えています」と意気込む、藪内さん。

これからの秋冬の季節は、落葉し地上の草が枯れることで縄張りがわかりやすくなるので、山城散策には絶好のタイミングとなります。「山城サミット」で山城の面白さに目覚めたら、ぜひ各地の城跡を訪ねてみてはいかがでしょうか。

【山城サミット記念ツアー】
問い合わせ先/0974-63-0585(竹田市観光ツーリズム協会)
ツアーの詳細は下記サイトをご参照ください。
http://www.shuntabi.com/

文/山内貴範
ライター。「サライ」では旅行、建築、鉄道、仏像などの取材を担当。切手、古銭、機械式腕時計などの収集家でもある。
写真協力/竹田市観光ツーリズム協会

最終更新:10/12(水) 13:20

サライ.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。