ここから本文です

豪州戦で劣勢続くも「守備はうまくできた」 ”統率者“吉田は組織の安定感に一定の手応え

Football ZONE web 2016/10/12(水) 5:50配信

後半途中からボールを支配される展開 劣勢のなかでも吉田を中心にゴール許さず

 ハリルジャパンの守備の要は、最大の関門をドローながら最少失点で切り抜けたことを“良し”とした。日本代表DF吉田麻也(サウザンプトン)は11日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選オーストラリア戦にフル出場。試合は1-1のドローに終わったが、「すごく守備に関してはうまくできていた」と口にした。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 日本は前半5分、オーストラリアのビルドアップを高い位置でカットすると、素早いカウンターを発動。MF長谷部誠(フランクフルト)、1トップに入ったFW本田圭佑(ACミラン)とつなぎ、最後はFW原口元気(ヘルタ・ベルリン)が先制点を奪った。しかし1-0としてからは押し込まれる場面が続き、後半8分にはFWユリッチを原口が倒してしまいPK。これを決められて同点に追いつかれた。

 その後はホームチームにボールを支配される展開となり、同25分に“日本キラー”のFWティム・ケイヒルが途中出場。その後も劣勢が続いたが、吉田を中心とした最終ラインは最後まで破綻をきたさず。原口の突破からFW浅野拓磨が合わせば1点という場面もあったが、最終的に1-1で勝ち点1を拾った。

「すごく守備に関してはうまくできていたと思う。オーストラリアもなかなか勝たせてくれない印象。ホームで必ず勝ちたい。また1カ月あるので、各々がチームでコンディションを整えて万全の状態で合流したい。ホームでしっかり勝って、いい形で今年の代表の試合を終えたい」

「この時期をみんなで乗り越えて…」と意欲

 吉田はこう試合を振り返った。PKで失点し、相手にボールを持たれる時間は長かったものの、オーストラリアから流れの中で失点することはなかった。組織的な守備には一定の手応えを掴んだようだ。

「代表チームは苦しい時期に差し掛かっていると思う。この時期をみんなで乗り越えてワールドカップへの切符を掴みたい」

 先制しても追いつかれる展開が続いているだけに、守備面で改善の余地は大いにある。来月15日のサウジアラビア戦では、DFリーダーとして最終ラインを統率したい。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:2016/10/12(水) 5:50

Football ZONE web