ここから本文です

キアヌの「ガン・フー」再び! 『ジョン・ウィック』続編ティザー、公開

WIRED.jp 10/12(水) 12:31配信

キアヌ・リーヴスが主演・制作総指揮を務めた前作『ジョン・ウィック』は、そのガンアクションがなにより注目を集めた。
妻の死に打ちひしがれ、妻の残した子犬に生きる希望を見出した元・殺し屋ジョン・ウィック(キアヌ)。静かな生活を送ろうとする彼を襲い、クルマを奪い子犬を殺して逃げた強盗への復讐のため裏社会へ戻ったジョンは、とにかく銃を撃ち続け、強盗の背後にいたロシアンマフィアの男たちを殺しまくる。

【予告編動画はこちら】

マーシャル・アーツやチャンバラ映画の殺陣、あるいは香港映画のガンフーやマカロニウェスタンから影響を受けたというアクションには、早くもその公開のころから続編を求める声が多かった。

このほどライオンズゲートが公開した「第2章」の予告編は、イタリア・ローマのサルトリアでスーツを仕立てるジョンの姿から始まる。どうやら今度の相手はイタリアンマフィアのようだ。

予告編を観るかぎり、ローレンス・フィッシュバーン(『マトリックス』を思い出さずにいられない!)、そして『スーサイド・スクアッド』での演技も光ったコモンら新顔も登場するようだ。

『ジョン・ウィック・チャプター2』は、2017年2月10日に全米公開の予定。

WIRED.jp_ST

最終更新:10/12(水) 12:32

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

なぜ今? 首相主導の働き方改革