ここから本文です

「ミランで居場所ないが、代表では主人公」 伊メディアが本田の活躍を皮肉交じりに称賛

Football ZONE web 10/12(水) 7:49配信

「ロッソネロの10番は、代表の試合では、いつも決定的な仕事を見せる」

 日本代表FW本田圭佑は、11日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の敵地オーストラリア戦で前半5分にFW原口元気の先制ゴールをアシストした。所属のACミランを専門に扱うイタリアメディア「milannews.it」も、このアシストをレポートしている。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 1トップのポジションでスタメン出場の本田はオーストラリア戦の前半5分、MF長谷部誠からの縦パスを受けると反転して相手との間合いを図り、全速力で追い越していく原口に正確なスルーパスを通した。

 そのまま抜け出した原口がそのまま左足で蹴り込み、日本は先制ゴールを挙げた。その後、後半8分に同点ゴールを許して1-1で引き分けたが、記事でも本田のアシストを伝えている。

「ケイスケ・ホンダはオーストラリアとの試合で、ハラグチの1-0のゴールを素晴らしいアシストでサポートした。ミランでは居場所を見つけられていないが、代表では主人公だ。ロッソネロの10番は、代表の試合では、いつも決定的な仕事を見せる」

 昨季リーグ戦で1ゴール3アシストと不振に終わりながら、日本代表のゲームではW杯予選7試合連続ゴールなど爆発する本田を皮肉るように、「代表の試合では」とレポートされている。

代表での活躍を機に出場機会の確保なるか

 今季もミランでは開幕から7戦連続ベンチスタートで出場わずか2試合19分間とベンチ要員と化している10番だが、日本代表のゲームでは結果を残している。

 この日は本田の好むピッチ中央のエリアでのプレーで決定的な仕事を見せた。ウイングの控えとして起用法を固定しているヴィンチェンツォ・モンテッラ監督に、この日のプレーは届くだろうか。

 このアシストを一つのきっかけに、ミランでの出場機会確保にもつなげたいところだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/12(水) 7:49

Football ZONE web