ここから本文です

イングランド、新主将の”ノールックパスミス”であわや…守護神の活躍で勝ち点1獲得

フットボールチャンネル 10/12(水) 6:05配信

【スロベニア 0-0 イングランド 2018年ロシアW杯欧州予選】

 現地時間11日に2018年ロシアW杯欧州予選が行われ、イングランド代表はスロベニア代表と対戦。再三のピンチもGKジョー・ハートのファインセーブによりゴールを許さず、なんとか無失点におさえ0-0の引き分けで終えた。

各グループの上位2チームが本大会出場 W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

 この日はキャプテンのウェイン・ルーニーがベンチスタート。そのためジョーダン・ヘンダーソンがキャプテンマークを巻いた。試合開始して10分、イングランドはパックパスのミスから相手選手にボールを拾われピンチを招く。ここはGKハートのセーブにより失点は免れた。

 しかし、その後も攻めの形が作れないイングランドは、スロベニアの攻めに圧倒されピンチの連続となる。それでもGKハートが全てファインセーブで弾き出し相手にゴールを許さなかった。

 そして70分、今度はこの日キャプテンマークを巻いていたジョーダン・ヘンダーソンが”ノールックパスでバックパス”を送りピンチを招く。相手選手がボールを拾いシュートを放つが、またしてもGKハートが立ちはだかる。

 結局、イングランドは無得点に終わり勝ち点1獲得にとどまったが、負けなくて良かったとも言える試合内容だった。さらに2位のスコットランド代表もスロバキア代表に0-3の敗戦を喫したため、幸運にもグループ首位をキープしている。

【得点者】
なし

フットボールチャンネル

最終更新:10/12(水) 7:28

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。