ここから本文です

原口、3戦連発もPK献上で目には涙「何も変わっていない」

フットボールチャンネル 10/12(水) 7:39配信

【日本 1-1 オーストラリア 2018年ロシアW杯最終予選】

 日本代表は11日、ロシアW杯アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し、1-1の引き分けに終わった。

【W杯アジア最終予選】グループステージ順位表

 取材ゾーンに現れた原口元気は、心ここに在らずといった表情で「本当にプラン通りにいっていましたし、1人ひとりがノーミスでいっていたので、だからこそあのシーン(PKの場面)は…、悔やまれるというか、申し訳ないというか…」と肩を落とした。

 原口の3試合連続ゴールで前半開始早々に先制した日本だったが、後半の頭にPKを献上。ペナルティエリア内でそのファウルを犯したのが原口だった。試合後、ベンチに座る8番の目には涙も浮かんでいた。

「あれはPKだったと思うし、僕が止まれなかった。危ないと思って戻ったんですけど」と語る原口。オーストラリア戦はチームが守備的だったこともあり、ウィングもかなり下がってディフェンスに貢献していた。それまで統率がとれてミスなく相手を封じられていただけに、痛すぎるファウルだった。

 ゴールという結果を残しながら、失点にも絡む後味の悪い形で終わり、原口は「1点を取った後、1戦目(イラク戦)も2戦目(オーストラリア戦)も、もう1回仕事ができるシーンがあったのにそこでひとつしか仕事ができなかったのがもったいないというか、クオリティが足りない」と、自らに言い聞かせるように課題を語った。

 ずっと口にし続けてきた「危機感」は3試合連続で得点しても「何も変わっていない」という。次の日本代表活動は11月。それまでに所属するヘルタ・ベルリンでさらなる成長を誓った。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

最終更新:10/12(水) 7:42

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。