ここから本文です

宇多田ヒカル NHKに漂う紅白当確ムード「すでに収録」の声も

女性自身 10/12(水) 6:01配信

 今年のNHK紅白歌合戦での初出場なるか。注目の的になっているのが宇多田ヒカル(33)だ。あれだけのヒット曲を持ちながら、これまで一度も出場がない。今年は朝ドラ『とと姉ちゃん』の主題歌『花束を君に』を担当し、9月には8年ぶりとなるアルバムも発表した。

「ニューヨーク育ちの彼女は“紅白は一度も見たことない”とホームページに書き込んだり、出場も断ってきました。でも朝ドラ主題歌を担当しただけでなく、NHKの音楽番組『SONGS』にも出演したため、早くも局内では“当確”ムードが出ています。ただ肝心の紅白スタッフは、『とと姉ちゃん』や『SONGS』とはまったく別のセクション。はっきり言ってゼロからの交渉になりますが、宇多田さん本人の意識がこれまでと違ってきてるんですよ」(別のNHK関係者)

 じつは9月に発売したアルバムについて、宇多田本人は「これが売れなかったら、日本の音楽は終わってる」と言い切っていたという。だが、結果は絶好調。宇多田本人が、日本での音楽活動に非常に前向きになっているというのだ。

「当日はNHKホールのステージに立つことはなく、一昨年にニューヨークから出演した中森明菜さんと同じく現在暮らしているロンドンからの中継か、もしくは事前に収録した映像での出演になるでしょう。8月に帰国した際に、すでに大晦日用の映像の収録を終えているとの話もありますよ」(音楽関係者)

 はたして宇多田の決断は――。NHK関係者は、「今年出てくれなければ、永遠に無理」と語っているという。

最終更新:10/12(水) 6:01

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。