ここから本文です

メッシ不在のアルゼンチンがパラグアイに敗北 エース欠くW杯予選連戦は1分1敗と不調

Football ZONE web 10/12(水) 10:59配信

10月連戦で負傷中のメッシは未招集 パラグアイ戦は最後までゴールネットを揺らせず

 スーパーエース抜きのアルゼンチンが一敗地にまみれた。現地時間11日にロシア・ワールドカップ南米予選アルゼンチン対パラグアイ戦が行われ、FWリオネル・メッシを欠いたアルゼンチンはホームで0-1と敗れた。

「マラドーナ2世」の重圧を背負ったアルゼンチンの天才10人 英メディアがその成功度を採点

 メッシは9月に行われた同予選ウルグアイ戦で、代表引退撤回直後にもかかわらず決勝弾を叩き込む活躍を見せた。しかし、その試合中に負傷して代表から離脱すると、アルゼンチンは続くベネズエラ戦で2-2の引き分け。メッシはその後、バルセロナで股関節を再び痛めて戦線離脱しており、今月の代表戦では招集されなかった。するとアルゼンチンは7日のペルー戦を2-2で引き分け、勝ち点1を得るにとどまった。

 そして迎えたパラグアイ戦、アルゼンチンは前半18分に相手FWデルリス・ゴンザレスに先制弾を許す。その後は先発したFWセルヒオ・アグエロ、FWゴンサロ・イグアイン、後半途中からFWパウロ・ディバラをピッチに送り込んで猛攻を仕掛けたものの、約4分のアディショナルタイムを含めてゴールネットを揺らせぬまま終わった。

 エース抜きで戦った2試合で得た勝ち点はわずか1。南米予選10試合を終えて、4勝4分2敗の5位とプレーオフ圏に沈むアルゼンチンにとっては、メッシ依存を象徴する連戦となった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/12(水) 10:59

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革