ここから本文です

英国人が見た豪州戦「香川が先発で清武がかわいそう」「相手DFは原口にビビッてる」「10番は変えるべき」

フットボールチャンネル 10/12(水) 10:00配信

日本代表は11日、ロシアワールドカップアジア最終予選でオーストラリア代表とアウェイで対戦して1-1で引き分けた。この試合中、イングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。

【W杯アジア最終予選】グループステージ順位表

「香川が先発で清武がかわいそう」

――この試合の注目ポイントはどこになるでしょうか?
「決定力。チャンスは非常に少ないだろうから、絶対にゴールを決めないと」

――イラク戦で好調だった清武がベンチスタートとなり、香川が先発です。
「そうだね。清武がかわいそう…。香川のベンチスタートだけじゃなくて、岡崎の代わりに小林が先発しているようにスピードのある選手を使いたいんだと思う。今日の日本はディフェンスラインが引いてカウンターで攻めることになる。イラク戦は清武、原口、本田のポジションが流動的だったけど、今日は固定されると思う」

――本田は1トップでの起用ですね。
「そうだね。本田は香川の前で、原口と小林のワイド。本田のセントラル起用はいいと思う」

――人材難が懸念された左サイドバックは槙野になりました。
「その辺は大丈夫だと思う。槙野はフィジカルが強いからね」

――試合開始早々に原口が先制点を決めました!
「スピーディ・カウンターだったね! これは大きい。決定力もあるし、3試合連続ゴールで調子もいい。でも、大事なのはこの後」

――原口のゴールは本田のポストプレーから生まれました。
「本田は真ん中にいればこのような貢献はできる。ワイドで使うのは少しもったいないね」

――日本は相手にボールポゼッションを譲って、守備から入る展開ですね。この戦い方が日本にあっているのでしょうか?
「アプローチは相手によると思う。もちろん、オーストラリアとのアウェイ戦ではこのような入り方は必要。でも90分は難しいと思う。どこかで主導権を握らないと。あと1時間以上ある。ずっと守ると厳しくなる」

――でも、W杯本大会ではこのような戦い方は必要ですね。
「間違いない」

1/3ページ

最終更新:10/12(水) 10:37

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。