ここから本文です

ハンガリー左派系「高級紙」発行停止 --- 長谷川 良

アゴラ 10/12(水) 17:18配信

懐かしい名が消えていく。ハンガリー最大の左派系日刊紙「ネープサバチャーグ」(Nepszabadsag“人民の自由)が8日、発行を停止した。1956年に発行された同紙は同国旧ハンガリー社会労働党(共産党)政権時代の機関紙で、冷戦時代、当方も同紙の報道内容を度々引用したものだ。その日刊紙が経済的理由から発行を停止したというのだ。同紙は今年、創設60年目を迎えていた。

印刷済みの8日付は計画通り、発送されたが、同紙のオンライン版は8日、何の説明もなくネットから消えた。その数時間後、同紙オーナー、「メディアワークス」(Mediaworks AG)は「印刷、オンラインの両方を8日を期して新しいコンセプトができるまで停止する」という公示を流した。「メディアワークス」はオーストリア人投資家ハインリッチ・ぺチナ氏が率いるグループに所属する。2014年以来、同紙のオーナーだ。

日刊紙の廃刊はもはや珍しくない。大手日刊紙もインターネット時代に入り、プリント発行を停止し、電子版だけを発行するメディアが増えてきた。米紙ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストなど有名紙もオンライン版で生き延びの道を模索している。その意味から、「ネープサバチャーグ」の発行中止は時代の流れからみて避けられなかったと受け取れる。

冷戦時代は同紙は社会労働党機関紙で、その部数は1987年、69万5000部、民主化後の1996年は28万部、そして2008年には約13万部に激減していった。ちなみに、ハンガリー最大部数は外資系のタブロイド判大衆紙「ブリック」だ。

ところで、ハンガリーは中道右派オルバン政権が権力を掌握して以来、厳格なメディア規制が敷かれている。野党最大紙の発行停止の理由について、単なる発行部数の減少だけではないはずだ、といった憶測が流れているのだ。

「ネープサバチャーグ」紙が日ごろオルバン政権を激しく批判してきたメディアの代表で、オルバン政権の側近の汚職報道を掲載したばかりだ。だから、その批判紙の口をふさぐという狙いがあった、という憶測である。ただし、「メディアワークス」は「発行停止は純粋に経済的理由」とし、オルバン政権からの政治圧力はなかったと説明している。

オーストリア国営放送のサイドでは「政治的動機に基づいたクーデター」「言論の自由への攻撃だ」といった現地の声を紹介していたほどだ。それに対し、オルバン政権は「企業オーナーの自主的決定だ」として、政府からの圧力説を一蹴している。

発行停止された8日、同紙本社前に人々が集まり、報道の自由などを訴えるデモ集会が開催された。同日夜には国民議会前で「ネープサバチャーグ」の停止に抗議するデモが開かれている。


編集部より:この記事は長谷川良氏のブログ「ウィーン発『コンフィデンシャル』」2016年10月11日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方はウィーン発『コンフィデンシャル』(http://blog.livedoor.jp/wien2006/)をご覧ください。

長谷川 良

最終更新:10/12(水) 17:18

アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。