ここから本文です

5位アルゼンチン、アグエロが痛恨のPK失敗…6位パラグアイに敗れ勝ち点1差に

フットボールチャンネル 10/12(水) 10:35配信

【アルゼンチン 0-1 パラグアイ 2018年ロシアW杯南米予選】

 現地時間11日に2018年ロシアW杯南米予選が行われ、アルゼンチン代表はパラグアイ代表と対戦。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 今年9月のウルグアイ戦で1-0の勝利をおさめたアルゼンチンだが、続くベネズエラ戦とペルー戦では共に2-2の引き分けに終わり2戦連続ドローが続いている。勝ち点4差で迫る6位のパラグアイを退けたい5位アルゼンチンだったが、相手の鋭いカウンターに苦しむことになる。

 試合開始して18分、パラグアイが自陣から一気にカウンターを仕掛けるとデルリス・ゴンサレスがドリブルで仕掛けてゴールを決めた。追いかける展開となったアルゼンチンも得点を狙いに行くが、リオネル・メッシ不在が影響しているのかなかなか得点には結びつかない。

 それでも47分、アルゼンチンはPKのチャンスを獲得。このPKをセルヒオ・アグエロが蹴ったが失敗し同点ならず。結局、アルゼンチンはパラグアイを相手に0-1の敗戦を喫している。

 勝利したパラグアイは勝ち点を積み重ねアルゼンチンとの差を1とした。また、7位チリ代表もペルーに勝利したためアルゼンチンとの勝ち点差を2としている。アルゼンチンは次の試合でブラジル代表と、パラグアイはペルー、チリはコロンビア代表と対戦する。

【得点者】
18分 0-1 ゴンサレス(パラグアイ)

フットボールチャンネル

最終更新:10/12(水) 10:45

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。