ここから本文です

敵地で勝ち点1獲得の日本はB組3位に浮上 豪州を抜きB組首位に躍り出たサウジと次節激突へ

Football ZONE web 10/12(水) 12:58配信

サウジはホームでUAEに3-0と快勝

 ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループBは11日に第4節のゲームが行われ、敵地でオーストラリアと1-1で引き分けた日本は勝ち点7の3位に浮上した。他会場では、サウジアラビアがホームでUAEに3-0と快勝してグループ首位に躍り出た。またイラクはタイを4-0と一蹴し、この最終予選で初勝利を挙げた。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 日本は前半5分にFW本田圭佑(ACミラン)のアシストからFW原口元気(ヘルタ)が先制ゴールを挙げたものの、後半7分にその原口が与えたPKで同点ゴールを許して引き分けた。この結果、日本は2勝1分1敗の勝ち点7でグループ3位、オーストラリアは勝ち点8に伸ばしたものの2位に転落した。

 4節を終えて首位に躍り出たのはサウジアラビアだった。ホームに同じ中東勢のUAEを迎えると、試合終盤に一気にゲームを決めた。後半28分にFWファハド・アル=ムワラドが先制ゴールを決めると、同34分にはMFナウワーフ・アル=アービド、アディショナルタイムにはMFヤヒヤ・アル=シェフリーが追加点を決めて3-0と快勝。3勝1分で無敗をキープし、勝ち点を10に伸ばした。

次節ホームでサウジに敗れると勝ち点6差に…

 一方で、6日に日本のMF山口蛍(C大阪)の劇的な決勝ゴールで敗れるなど3連敗中だったイラクは、同じく3連敗で迎えたタイと中立地イランで激突。FWモハンナド・アブドゥラヒームが前半と後半にそれぞれ2ゴールの固め打ちで4ゴールを挙げる大爆発を見せ、4-0で圧勝。最終予選初勝利で勝ち点3を得た。

 この結果、サウジアラビアが勝ち点10で一歩抜け出す形になり、オーストラリア、日本、UAEの3カ国が勝ち点1差の中にひしめいている。全10試合の折り返し地点となる第5戦が行われる11月15日は、日本がホームに首位のサウジアラビアを迎え撃つ。日本は勝利すれば勝ち点10で並ぶことができるが、敗れれば勝ち点差が6に開く正念場になる。また、同日にはオーストラリアがタイ、UAEがイラクと対戦する。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/12(水) 12:58

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。