ここから本文です

「ネイマールがCロナ級になるにはまだ時間がかかる」両者を知るカゼミーロが語る

フットボールチャンネル 10/12(水) 12:20配信

 レアル・マドリーのMFカゼミーロは、ブラジル代表のチームメイトのFWネイマールが、クリスティアーノ・ロナウドの域に到達するにはもう少し時間がかかると考えているようだ。11日、スペインメディア『オンダ・セロ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 スペインのラジオ局『オンダ・セロ』の『トランジストール』という番組に出演したカゼミーロは、負傷により戦線離脱している現状について「デリケートな問題だ。早く復帰したいが、まだ痛みがあり、どうすることもできない」と述べ、具体的な復帰日程を明らかにしなかったが、11月20日のアトレティコ・マドリーとのタービーへの出場を諦めていないことも述べている。

 そして、ブラジル代表ではチームメイト、クラブではライバルとして戦うネイマールについて、「彼はライバルというよりもチームメイトだ」と述べ、「彼が、クリスティアーノ・ロナウドが成し遂げてきたことに並ぶには、まだやるべきことがある。ロナウドは10年に渡り素晴らしい活躍をしている」ともコメントし、今年のバロンドールが「ロナウドのものだろう」と言及している。

 また、自身のポジション守備的MFについて、ガビ(アトレティコ)、シャビ・アロンソ(バイエルン・ミュンヘン)、セルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ)の3選手をお気に入りとして挙げ、「ブスケッツからは、ボール捌き、ポジショニング、バランスのとり方を学んでいる」と述べた

フットボールチャンネル

最終更新:10/12(水) 12:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。