ここから本文です

「未来は分からない。今はアトレティコに集中だ」グリーズマン、PSGへの興味を否定

フットボールチャンネル 10/12(水) 12:40配信

 フランス代表のアントワーヌ・グリーズマンは、彼に興味を持っているパリ・サンジェルマン(PSG)について、現時点での移籍に関心がないことを強調している。11日、スペイン紙『アス』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 オランダ代表とのワールドカップ予選を勝利で終えたフランス代表。試合後に仏メディア『フランス3』にマイクを向けられたグリーズマンは、PSGへの将来的な移籍について問われると「未来については何が起こるかわからない。だが、今の時点でPSGは私のプランの中にはない」と答えている。

 そして、現在リーガエスパニョーラの得点王を快走するFWは「いつの日かその可能性はある。だが、今はアトレティコ・マドリーが自分のチームだ。そこで満足しているし、私の願いはアトレティコでビッグタイトルを獲ることである」と続けている。

 グリーズマンは、すでに、この夏PSGが彼に強い関心を示していたことを認めていたが、EURO2016に集中するために、移籍に関する話を遮断していたことを明かしている。その一方で、「何かあるとすれば、それはディエゴ・シメオネ監督がチームを去る場合だ」と心酔する同監督の去就が、彼のアトレティコ残留に大きく寄与していたことも明らかにしていた。

フットボールチャンネル

最終更新:10/12(水) 12:46

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。