ここから本文です

スアレスがW杯南米予選で金字塔! コロンビア戦の1得点で歴代最多19ゴールに並ぶ

Football ZONE web 10/12(水) 20:50配信

クレスポの持つ記録に通算44試合目の出場で到達 メッシは5位タイの16得点

 ウルグアイ代表FWルイス・スアレス(バルセロナ)は、11日に行われたロシア・ワールドカップ南米予選第10節コロンビア戦の後半28分にゴールを奪い、予選での通算ゴール数が歴代最多タイの19ゴールに達した。ウルグアイ紙「レプブリカ」などの南米メディアが一斉に報じている。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 敵地での一戦にスタメン出場したスアレスは、1-1の同点で迎えた後半28分、自陣からのロングボールを味方選手がヘディングでつないだところに抜け出すと、相手DFとの競り合いに勝利してゴール前右サイドの角度のない位置から正確な右足シュートをファーサイドに決めた。試合は、その後コロンビアに追いつかれて2-2の引き分けに終わった。

 これでスアレスの南米予選通算ゴール数は19に伸び、元アルゼンチン代表FWエルナン・クレスポの記録に並んだ。クレスポは1998年フランス大会、2002年日韓大会、06年ドイツ大会の予選で通算33試合に出場している。スアレスは10年南アフリカ大会、14年ブラジル大会、18年ロシア大会の予選で通算44試合目の出場での達成になった。

 続く通算18ゴールには元チリ代表FWマルセロ・サラスがその名を残し、17ゴールにはサラスと“ササ”コンビを組んだ元チリ代表FWイバン・サモラーノがランクイン。バルセロナの同僚であるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、通算16ゴールで5位タイにつけている。

南米予選の上位は混戦が続く

 14年ブラジル大会イタリア戦で起こした相手DFジョルジョ・キエッリーニに対する“噛みつき事件”など、その気性の荒さからお騒がせ行動も少なくないスアレスだが、改めて天性のゴールハンターぶりでサッカー史に名前を残すことになった。

 ウルグアイはこの引き分けで勝ち点を20として、首位ブラジルから勝ち点1差の2位。コロンビアは3位エクアドルと勝ち点17で並ぶ4位となった。また、この日メッシが負傷欠場してパラグアイに0-1で敗れたアルゼンチンは同16で5位と苦戦している。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/12(水) 20:50

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ