ここから本文です

シティがセルティックの13歳神童を青田買い画策 「常に可能性を秘めたスターを探している」

Football ZONE web 10/12(水) 22:50配信

先日、セルティックU-20で飛び級デビューのデンベレがターゲットに

 飛び級でセルティックU-20にデビューした13歳のMFカラモコ・デンベレに対し、オイルマネーの脅威が迫っている。英紙「サン」は、スコットランドに登場した神童がマンチェスター・シティのターゲットになっていると報じた。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 2003年生まれのデンベレは、元日本代表MF中村俊輔が活躍したことでも知られる名門セルティックの20歳以下のチームに飛び級でデビューを果たした。この衝撃のニュースは世界中で大きな話題を呼んだ。

 時期尚早である感は否めないが、すでに獲得に動き出しているのが、オイルマネーで潤い、プレミアリーグでも屈指の資金力を持つマンチェスター・シティのようだ。記事によれば、シティは数か月にもわたってデンベレの動向を追い続けていたという。シティは「常にヨーロッパ中で可能性を秘めたスターを探している」とレポートされており、デンベレもその一人としてクラブのアカデミーで育てていきたい考えを持っているようだ。

 シティは今夏も、アルゼンチンのベレス・サルスフィエルドから16歳のベンハミン・ガッレというアルゼンチンの若き才能と契約するなど、将来を嘱望されるティーンエイジャーを続々と青田買いをしている。とはいえ、トップチームでは他クラブから獲得してきた外国籍選手が幅を利かせ、下部組織出身者にはほとんど出番が与えられないのが現状となっている。

 欧州ビッグクラブは資金力にモノを言わせて有望株を買い漁っているが、13歳のデンベレもその流れに乗って国外移籍の道を選択するのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/12(水) 22:50

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。