ここから本文です

Jリーグ、来季は外国籍枠が拡大。出場できる人数は従来と変わらず

フットボールチャンネル 10/12(水) 19:35配信

 Jリーグは12日に理事会を行い、来季のリーグ戦において外国籍枠が拡大されることが承認されたと、村井満チェアマンがその後の記者会見で発表した。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 現状の外国籍枠は、条件のない外国籍選手3名とアマチュア選手や20歳未満のプロC契約、アジア枠(1名のみ)、Jリーグ提携国枠のいずれか2名が登録できる「3+2ルール」だった。

 実際にベンチ入りできるのは1チーム3名以内で、アジア枠または提携国枠の選手に限って1名を追加することができる。

 来季からは条件のない外国籍枠の登録が5選手に拡大。国籍を問わず、最大5名まで外国籍の選手を登録することができる。

 しかし、実際にベンチ入りまたは出場できるのは外国籍選手3名とアジア枠を1名のみであり、従来との変更はない。

■従来
〔登録人数〕
無条件の外国籍選手:3名
アジア枠または提携国枠など:2名

〔ベンチ入りまたは出場人数〕
無条件の外国籍選手:3名
アジア枠または提携国枠:1名



■変更後
〔登録人数〕
無条件の外国籍選手:5名

〔ベンチ入りまたは出場人数〕
無条件の外国籍選手:3名
アジア枠または提携国枠:1名

フットボールチャンネル

最終更新:10/12(水) 20:48

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。