ここから本文です

【日本代表】本田の“支配論”。「前半は『支配させる』という感覚でちょっといれたけど…」

SOCCER DIGEST Web 10/12(水) 6:00配信

「後半は“支配される”に変わった」

 [ロシアワールドカップ・アジア最終予選]オーストラリア 1–1 日本/10月11日/ドッグランズ・スタジアム
 
 イラク戦後、本田はオーストラリア戦に向けて「局面によってプランは変わってくる」と言ったが、まさにその通りの展開になった。本田自身もオーストラリア戦後にこう話している。

【オーストラリア 1-1 日本|PHOTOギャラリー】原口の3戦連発弾で先制するもPKで悔しい引き分け…


 
「欲を言えば先制点も取れていたので勝ちたかったけど、今日のゲームプランからいけば、同点に追いつかれた時点で引き分けを良しとしないと。向こうも勝ちたかっただろうし、妥当な引き分けという意味では50点ぐらいの採点にはなるのかな。個人的にもね」
 
 ハリルホジッチ監督が目指すサッカーについても、まだまだ課題が多いとコメントしている。
 
「ちょっとビデオを観たいと思っているんですけど、やっていて課題は多いなと感じる。ここでは冷静に分析できない。でも、満足はしていないです。それは全員がそう思っているはずです」
 
 日本の課題が「攻撃にも守備にもある」と述べたうえで、本田が独特の言い回しで触れたのが“支配論”だった。
 
「最低でも勝ち点は取りたい。とはいえ、内容はいいように支配されて。前半は“支配させる”という感覚でちょっといれたけど、後半は“支配される”に変わったと思います。これは大きな課題。後半も“支配させる”という感じのゲームプランのまま2点目を狙いに行けたのであれば、もう少し評価はできた。後半は反省点が多かった」
 
 つまり、守備の時間が増えても“能動的なディフェンス”ができていれば問題ないということだ。しかし、オーストラリア戦ではとりわけ後半、受け身に回ってしまった。そういう時間を減らさないと、ロシア・ワールドカップへの道は切り開けないかもしれない。

最終更新:10/12(水) 6:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。