ここから本文です

【日本代表】キャプテン長谷部の危惧。ここまでの4失点が“トラウマ”になる可能性も

SOCCER DIGEST Web 10/12(水) 12:00配信

あのPKが試合の流れを変えるポイントになったのもまた事実だ。

 [ロシアワールドカップ・アジア最終予選]オーストラリア 1–1 日本/10月11日/ドッグランズスタジアム
 
 今回の最終予選での失点はすべて、PKもしくはセットプレーからのものだ。キャプテンの長谷部もオーストラリア戦後に「その部分に悔しさは残る」と言っている。
 
 試合は、途中まで日本のペースだった。「ほとんどチャンスらしいチャンスを作らせなかったので、自分たちの戦術がハマった」と長谷部が話すように、1‐0で折り返せた前半は決して悪くなかった。
 
 問題は後半の戦い方だ。時間が経つにつれ、とりわけ追いつかれた後はオーストラリアをリスペクトしすぎた。勝ち越すよりも逆転されることを恐れ、「勝点1でも御の字」という腰の引けた戦い方になっていった。
 
 あの失点を原口の責任(PKを与えたという意味で)にするのはさすがに酷だが、一方であのPKが試合の流れを変えるポイントになったのもまた事実だ。UAE戦でも前半にFKから、そして先のイラク戦でも後半にFKから追いつかれ、流れを失っている。
 
 「自分たちの戦術がハマったなかで、PKでね。このシリーズはここまで4失点ともPKかセットプレーなので、そこの部分では悔しさは残る」と、長谷部が残念がったのも頷けるだろう。セットプレーもしくはPKが、日本のトラウマにならなければいいが……。

【オーストラリア 1-1 日本|PHOTOギャラリー】原口の3戦連発弾で先制するもPKで悔しい引き分け…

最終更新:10/12(水) 12:26

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。