ここから本文です

「僕たちは日本の罠にハマってしまった」同点PKの豪州MFジェディナクが後悔

SOCCER DIGEST Web 10/12(水) 6:00配信

「僕たちは勝利に値する唯一のチームだった」とコメントも。

 10月11日、ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のオーストラリア対日本が行なわれた。
 
 5分、原口元気が本田圭佑とのワンツーで抜け出し、日本に先制弾をもたらす。しかし、その原口が51分にペナルティーエリア内でトミ・ユリッチを倒してPKを献上。これを52分にマイル・ジェディナクに難なく決められて、同点となった。
 
 その後、オーストラリアが押し込む時間が続いたものの、日本はなんとか耐え凌ぎ、試合は結局1-1のドロー決着となった。
 
 試合後、同点弾を決めたオーストラリアの主将ジェディナクは、アメリカメディア『フォックススポーツ』の取材に対し、「最初から押し込もうと考えていた。だけど、僕らも落ち着きすぎていたし、日本は本当に忍耐強く、深く引いて多くのプレッシャーをかけてこなかった」と応え、押し込みながらもゴールを奪えなかった前半を振り返った。
 
 さらに、「僕らは日本の出方をみるように指示された」とハーフタイム中の出来事を明かしたジェディナクは、「上手く立て直せた。残念ながら勝つことはできなかったけど、僕たちは勝利に値する唯一のチームだった」と後半の出来を自画自賛した。
 
 一方でジェディナクは、以下のように語って悔しさを滲ませた。
 
「僕らが悪かったとは思わないが、日本の罠にハマってしまった。それは僕たちの認識の甘さからくるものだ。間違っていたね。僕たちはそういった考えを改めていくつもりだよ」

【オーストラリア 1-1 日本|PHOTOギャラリー】原口の3戦連発弾で先制するもPKで悔しい引き分け…

最終更新:10/12(水) 9:12

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。