ここから本文です

【日本代表】“攻めない”槙野が突き付ける、ポゼッション放棄の是非。「すべて狙いどおりだった」

SOCCER DIGEST Web 10/12(水) 6:30配信

ハリルホジッチ監督からは「「まずは守備のところ。高さと強さを存分に出してほしい」と言われた。

 [ロシアワールドカップ・アジア最終予選]オーストラリア 1–1 日本/10月11日/ドッグランズスタジアム
 
 槙野智章が左サイドバックでフル出場した。アジア最終予選の9月シリーズは、メンバー発表当日に右太ももの肉離れの影響により不出場に。今回は負傷明け直後の招集となったが、「(9月の)悔しさをぶつけ、日本のために全力を尽くしたい」と誓い、酒井宏樹(マルセイユ)の出場停止もあって先発のチャンスを掴んだ。オーストラリアの屈強なアタッカー陣と対峙した90分間は、「そんなに大変ではなかった」と振り返った。
 
 ハリルホジッチ監督からは、「まずは守備のところで、高さと強さを存分に出してほしいと。チャンスがあれば前へのサポートもしてほしいが、『まずは守備』と言われました」。また、「相手の交代で入ってくる選手、残った選手をしっかり捕まえること、どちらかといえば、酒井高徳選手のほうから攻撃をして、左サイドでバランスをとるようにも指示がありました」と説明していた。
 
 開始5分に原口元気のゴールで先制した日本だが、その後は自陣を固めてカウンターを狙ったスタンスを貫いた。それは、日本代表の“戦術”だったと言う。
 
「確かにボールを持たれている印象はありましたが、そんなに危険なパスも来なかったです。『(ボールを)持たせているという感覚を持とう』と選手みんなで言っていたので、精神的には疲れませんでした。
 
 それほど危険な攻撃は仕掛けられませんでしたから。逆に僕らは良い守備から良いカウンターがハマっていたと思います」
 
 守備のバランスを見ていても、槙野が中央寄りにポジションをとって、センターバックの森重の傍で守りを固めていた。そこで相手の9番のFWユリッチを上手く挟み込み、自由を与えなかった。槙野はそこも作戦勝ちだったと頷いた。
 
「ちょっと真ん中よりの守備を意識していました。自分に求められていた役割は、(同サイドにいた)原口選手の守備のオーガナイズをすることと、前に行きたがる(香川)真司にストップをかけて真ん中のスペースを消すこと」
 
 

【オーストラリア 1-1 日本|PHOTOギャラリー】原口の3戦連発弾で先制するもPKで悔しい引き分け…

1/2ページ

最終更新:10/12(水) 9:21

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。