ここから本文です

【日本代表】3戦連発の原口。「自分のプレーを出せた」理由とは?

SOCCER DIGEST Web 10/12(水) 12:00配信

「クオリティが足りなかった」と反省の弁も。

 9月6日のタイ戦、ちょうど1か月後のイラク戦、そして10月11日のオーストラリア戦と、ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選で、原口元気は3試合連続で先制ゴールを奪っている。
 
 タイ戦ではヘディングシュートでネットを揺らし、イラク戦ではグラウンダーのクロスを巧みに右足のヒールで流し込み、オーストラリア戦ではスルーパスに抜け出し左足で正確に射抜く。
 
 高度なテクニックが凝縮された多彩なゴールパターンで、チームに勝点をもたらす。今予選で原口がゴールを決めれば負けない。「不敗神話」は継続中だ。
 
 代表での主戦場は左ウイング。ハリルジャパン最大の激戦区であるが、もはや状況は変わってきている。定位置争いがなくなることはないが、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督からすれば、原口の進化とともに、もはや頭を悩まさないポジションになったと言えるだろう。
 
 そこまでの活躍ができているのは、今季は開幕からレギュラーの座を勝ち取っているクラブでの充実があるからだろう。オーストラリア戦でも、その“余裕ぶり”がうかがえる。
 
「ブンデスでやっている時よりも(相手は)全然遅かったし、自分のプレーを出せていたと思う」
 
 日本代表というチームへの感謝も口にする。
 
「周りのサポートが大きいと思います。ヘルタでは出てこないようなところに、走ればボールが出てくる。走りがいはあります(笑)」
 
 もっとも、追加点が奪えず「クオリティが足りなかった」と反省の弁も。慢心せず常に高みを目指すその姿勢も、原口のさらなる飛躍を約束するだろう。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【オーストラリア 1-1 日本|PHOTOギャラリー】原口の3戦連発弾で先制するもPKで悔しい引き分け…


 

最終更新:10/12(水) 12:20

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。