ここから本文です

バテバテの本田を残した意図とは? 消極的な交代策に見えたハリルの思考

SOCCER DIGEST Web 10/12(水) 17:10配信

ハリルが何より優先したのは、オーストラリアのセットプレー対策。

 [ロシアワールドカップ・アジア最終予選]オーストラリア 1–1 日本/10月11日/ドッグランズスタジアム

【PHOTO】フットボーラーの「美人すぎる」、「セクシーすぎる」妻&恋人たち

 オーストラリア戦の戦いぶりは、不甲斐ないというほかなかった。
 
 開始5分に先制し、組織的な守備で相手に隙を与えなかった前半は良い。しかし、52分にPKで失点した後の38分間は、べタ引きになってサンドバック状態。オーストラリアの稚拙な攻撃に助けられただけで、2点目を奪われないのが不思議なほどだった。
 
 なぜ、日本は反撃できなかったのか。これはハリルホジッチ監督の判断によるところが大きい。指揮官の消極的な姿勢が、チームから攻撃の手段を奪っていたからだ。
 
 後半途中から、明らかに前線の本田と香川の運動量は落ちていた。そのため、前半のような高い位置からのプレスが不可能になり、それにともなって最終ラインがズルズルと下がった。日本が相手の攻撃を撥ね返していたのは、ほとんどがペナルティエリア付近。ボールを良い形で奪える場面はなく、なおかつ前線のふたりが疲労してカウンターも出せなかった。
 
 そうした展開であれば、指揮官が何かしら相手を押し返す策を打つのが普通だ。
  
 例えば、失点後の早い段階で指揮官がフレッシュな選手を投入し、前線を活性化していたらどうだったか。
 
 スピードのある浅野を入れて相手最終ラインの裏を突かせたり、イラク戦でパスの供給源になった清武を入れてカウンターを狙えば、オーストラリアも失点を恐れて無暗に前に出てこられなくなる。少なくとも、あれほど押し込まれる展開にはなかっただろう。
 
 しかし、ハリルホジッチ監督は81分まで動かなかった。普段であれば60~70分頃に交代の札を切る指揮官が、失点から約30分間も手をこまねいて見ていたのである。その真意は、以下のとおりだ。
 
「オーストラリアはCKかFKでしか点を取れないので、その管理をするために本田と小林を残していました。彼らには、セットプレーに対しての本当に正確な役割を与えていました。もしかしたら、フレッシュな選手を入れるべきだったかもしれませんが、危険なのは本当にFKだけでしたからね」
 
 つまり、疲労が顕著な本田や小林を代えなかったのは、『失点を防ぐ』ため。カウンターでゴールを狙うよりも、セットプレー対策を優先したということだ。

1/2ページ

最終更新:10/12(水) 17:12

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。